不思議な石 ペンジュラムストーン

皆様こんにちは☆

早いもので明日は1年で一番昼間の時間が長いとされる夏至ですね!
さてこの夏至、太陽からのエネルギーが1年で1番、高い状態で地球へと降り注ぐ特別な日。
この太陽からのエネルギーを受け取ることで私たち人間の細胞が活性化し、物事の現実化・具現化のスピードが、一気に加速していくとされているそうです。

そして、23日は1年でもっとも月が地球に接近するスーパームーンの満月だそうです。
太陽の「陽」と月の「陰」 なんだか不思議なことが起こりそうな予感v
宇宙の法則ですものね。

陰と陽と言えば、昔、京都の綾部で野草料理研究家の若杉ばあちゃんになんどか仕事でご一緒させて頂いたことがありました。
若杉ばあちゃんは、この陰と陽をうまく使い分けて暮らしていらっしゃいました。
人間でも陰・陽体質の人がいて、食べ物もすべてそれに分けられるそうです。
すっごく難しくて何度かワークショップも拝見させてもらいましたが、この陰・陽のしくみ未だによくわかりません(笑)でも、たとえば人間でいうと朝起きてすぐに親指を中にして手をぎゅっと握って力が入る人は陽体質だそうです。食べ物も地上で育つもの、地下で育つもので分けられたり、新月に採っていいもの満月に採っていいもの、などなどほんと~~~に細かく分類されています。
自分の体質をどちらか知り、それによって食べ物も分けていくということなんだそうですが、いやいやさっぱり私には実行できそうにありません。

でも、宇宙に陰と陽があるように、その中のほんの一部でしかない地球にもそれがあるのは当然のことですものね。この夏至とスーパームーンの3日間の過ごし方が、今後の人類のアセンションにおいてKEYになってくるよう!

さて、先日、BS-TBSで「世界一周魅惑の鉄道紀行 イギリス最強のパワースポットを巡る」というのをたまたま発見!
普段は殆どTVを見ない私もここぞとばかりにへばり付いて見ていました。
イギリスは本当にエネルギーの強い国です。番組の中でパワースポットと題していくつかの観光地が紹介されていました。私はイギリスを旅して暮らして、それを感じずにはいられませんでした。
街中には普通に魔女みたいな人たちがいるし(特にパワーストーンのお店」)、不思議なこともたっくさん起こります。やはりそれは歴史や宗教的なものもあるし、自然=宇宙とうまく共存している国だからこそなのかもしれませんね。日本では昨今スピリチュアルという言葉が定着してきたので、理解・興味を示す人も多くなってきましたが、それでも中にはオカルトや宗教的なダークなイメージをもってしまう人も中にはいるようです。
しかしイギリスでは、天使の存在やスピリチュアルな出来事も自然に受け入れられる「国」と「文化」としての大きな土台があります。それを反映しているのが、ハリー・ポッターやロードオブザリングなどの映画ですね。

さて、番組の中でペンジュラムストーンという石が冒頭で紹介されていました。
実は私もこのペンジュラムストーンを愛用しています。
これはクリスタルなどで作られた振り子なのですが、これで自分の潜在意識と繋がって内的自己と交信できちゃうすぐれもの。
イギリスのパワーストーンや不思議な匂いのするお店(!)では必ず売っています。
私はまだまだ初心者ですが、ポジティブ(右回り)・ネガティブ(左回り)で反応してくれます。たとえば、基本的なところから行くと食べ物・飲み物・化粧品だったり、薬などそれが自分にとってポジティブに働くかどうか教えてくれます。
食べ物はアレルギーがあるかないかもわかったりします。私はこれで砂糖・小麦がNGなことが判明(涙)もちろん添加物の入ったものもほとんどNG。
あとは大事な日取りを決める時、旅行だったり、誰かと会う、会社のミーティングなどこれらも自分にとってベストな日を選ぶことができます。カレンダーに仏滅とあってもすごくポジティブに反応する日もあります。そして自分やその他の人・動物や植物の健康状態もわかります。
不思議ですね。でも本当によく反応してくれて、導いてくれます。
現在は2つありますが、少しずつ増やしていきたいです。これも出会いですものね。
左の緑色の石はアベンチュリン。真実を見分ける石とされていてチベットの仏像の目に使われています。
イギリス南西部のコーンウォール地方に行ったとき、海沿いにあったお店の魔女さんに、「好きなものを選ぶの。触ったりしてフィーリングでね」とアドバイスでしてもらって選びました。
そして右はおなじみアメジスト。こちらはなぜか今年の4月にイギリスのファームショップで見つけました(笑)
e0181286_13164695.jpg


ぜひみなさんもトライしてみて下さい。
そして明日からの特別な3日間を大切に過ごしましょう♪

皆様にも素敵なことが起こりますようにv
[PR]
by yukitosun | 2013-06-20 13:31 | 英国スピリチュアルな暮らし