高級5つ星ホテルよりくつろげる?~ビジネスマンに愛されるワケ~

イギリスの本屋に行くと以前主流だったトラベルガイドブックとは一風変わったガイドブックを見かけることが多くなった。書店の真ん中に「農家に泊まろう!」とか、「家庭菜園を楽しもう!」とか、ひょっとすると「農家になろう!」なんていう本が特別コーナーを設けられて所せましと並んでいる。イギリスのトラベルガイドブックも元来のホテルや町中心部に位置するB&Bを中心に載せいていた案内本とはテイストの違った、本気でFarm StayやB&Bを楽しみたい人のためのガイドブックや、美しいガーデンが見られる宿や、オーガニックやローカル食材を多く使った体にも環境にも優しい取り組みをしているFarm Stay B&Bやホテルの紹介を専門にしているものもある。

ではなぜそれほどまでにFarm Stayがイギリスで人気なのだろうか?
その理由の一つが家庭的な居心地のよさにあると私は思う。まるで田舎にある実家に帰ってきたように温かく迎えてくれる農家の人たち、それでもしっかりとビジネスとして割り切っているところもあるのでこちらのプライベートを尊重してくれる。冬には大きな暖炉にやわらかい火がともり、その前に犬が寝そべる。センスのいいインテリアで飾られた手入れの行き届いた部屋、自然の中にひっそりと佇むFarm Stayは空気もおいしく、夜はフクロウの鳴き声が聞こえる。外に出れば、満点の星空を望み、朝は鳥のさえずりで目が覚める。静かな時間の流れに疲れもどこかへ行ってしまう。都会で働く者にとっては非日常を味わえるのだ。
イギリスのFarm Stayを泊まり歩いて、気が付いたことがあった。それは宿泊者にビジネスマンが多いことだった。スーツを身にまとい、朝食を食べながら新聞に目を通す。オーナーとはもう顔見知りの人も多い。話を聞くと、すでに1週間はここに泊まっているという。長いときは2週間から1か月も泊まることもあるそうで、1泊から2泊と短い時もあるという。ではなぜ中心街から離れたFarm Stayを彼らはあえて選ぶのだろうか。ここにもFarm Stayの魅力を知る理由があった。
彼らビジネスマンにとって、出張先の中心街に近い宿を取るよりも車でわざわざ30分くらいかけてお気に入りの農家民宿に泊まった方が効率がよい。というのも、仕事のオン・オフがしっかりとれて、雑音の多い街中のホテルに泊まるよりはシンと静まり返った気持ちの切り替えられる場所がここFarm Stayだった。そして働き盛りの彼らにとって大事なのが、食事である。イギリスのFarm Stayは家族経営なので、自分たちも食するものをお客に提供する。作り置きもしない。いつでも新鮮な物を食することができるので、出張先にいながらもまるで自宅から出勤しているように生活できるのだ。
ある日、思い切ってロンドンにある5つ星ホテルに泊まってみたことがあった。もちろん部屋の広さも調度品やサービスに至るまで文句なしだった。ロンドンのホテルではよくある水の出が悪いという問題もクリアし、騒音対策もしっかりされていた。しかし、翌朝、朝食を取りに行った私は驚きをかくせなかった。まず、ウエイターがコーヒーか紅茶のオーダーを取りに来た。コーヒーを注文した私はそのコーヒーを飲むことができなかった。そしてビュッフェ形式だった朝食も作り置きなのでアツアツではない。種類こそ豊富なものの、どうしたらあんなスクランブルエッグができるのだろうかと思ってしまうくらい食感もプルプルしていて色は黄色というよりか白に近い。ソーセージやベーコンも5つ星で期待されるものとは程遠い。これがイギリスはまずいと言われる所以なのか。5つ星ホテルの朝食の質の低さを目の当たりにした。朝食もろくに食べれず、部屋に戻り外出した。しかし、途中で忘れ物に気づき、もう一度ホテルに戻った。部屋に入ると掃除のおばさんたちが部屋を綺麗にしていてくれた。ありがたいと思いながら、バスルームに入ってわが目を疑った。部屋で使うコーヒーカップなどをトイレの洗面台のシンクの中に水を溜めて洗っていた。一泊200ポンド(約26,000円)近くする5つ星ホテルの実情を見た気がした。当たり前のことが当たり前でなくなっていた。
実はこういった高級ホテルのサービス、スタッフの教育が問題になっていて、それらを一から教育し直す特別番組もあるくらいだ。
ところでFarm Stay B&Bの魅力の一つに値段の手ごろさあった。一泊一人約40ポンド(約5200円)と街中の大型ホテルより断然安い。このビジネスマンのように長期滞在の場合は頼めば洗濯もしてもらえるし、アイロンも貸してもらえるので(宿にもよるが)不自由はない。
インターネット環境も整っていて、ほとんどのFarm Stayでは無線LANが通っている。テレビも薄型の液晶テレビが備え付けられ、大自然の中にいながらにして都会と変わらぬ生活ができるのも魅力の一つだ。ビジネスマンにとって、健康的にストレスなく、そして質の高い生活が出張先で送れるのだから、彼らに人気なのも頷けるだろう。
e0181286_1323755.jpg
e0181286_13719100.jpg
e0181286_1381912.jpg

[PR]
by yukitosun | 2011-11-04 23:06 | イギリス Farm Stayのすすめ