~オープン5分で売り切れゴメン!~

ボランティアを始める前にマーケットの状況をよく把握しておいた方がいいと言われた私はまず、客としてオープン前の列に並んでみた。並んでいる人を見てみると、杖をついたお年寄りが多く、どうみても私が一番若かった。今日買いたい野菜のリストを片手に、私はのんきにお得意の人間観察が始まった。きっとあの40代くらいのおばさんはベジタリアンだわ。あっこの人はかなりの常連ね、列を仕切っているもの。あのおばあさんの大きなバックには一体なにが入っているのだろう、昔絵本で見たかぎばあさんみたいとか心の中で妄想が膨らむ。
そんなことをしているとフクロウみたいなおばあさんが重いドアを開けた。何だかハリー・ポッターのような世界だった。
しかしさっきまで私の妄想劇に登場していたトボトボと歩くお年寄りたちの光景は一体何だったのだろう。このマーケットの現状をすっかり甘くみていた。
自分の油断に気づいた5分後、結局野菜を一つも買えないまま空っぽの籠でマーケットを後にした。杖を突いていたおばあさん、5倍速で歩けていた。それも杖なしで。車いすのおじちゃん、電動式だったのですね、速すぎて追いつけませんでした。しかもテーブルの前を陣取るとはかなりの強者です。マーケットの状況をよく見ておいた方がいいといったシルビアおばあちゃんのアドバイスの意味がその時身をもって理解した。
外に出るとロンが「ほれ見たことか」と笑って私を待っていた。
[PR]
by yukitosun | 2011-11-04 22:55 | ファーマーズマーケット