New Hen House

今朝はB&Bのお客さんが2人だけだったので、約3週間ぶり!のモーニングオフをもらい、ぐだぐだ10時ころまで寝ていましたv この幸せ、なんと気持ちよいのでしょう!笑

起きて納屋まで降りてみるとジュリエットがちょうどお庭から戻ってきて、なにやら異常にエキサイトしています。
う~む たまについていけないこのテンション・・・。

ここには、ジュリエットがレスキューしてきた雌鳥25羽がいます。毎朝せっせこ卵を産んでくれるので、ボーンマスにいたころには不可能だった「卵かけごはん」が食べられるのです!至福のひと時☆
レスキューチキンとは、彼女が近くの養鶏所で約17週間経つと、食用に殺されてしまうということを知って、たまたま次の日に殺されると知った25羽をレスキューしてきたという何ともラッキーな雌鳥たちのこと。

ここLoweFarmにきた当初は、この広い土地でどう遊んでいいか分からなかったらしく大人しくじっとしていたそう。そして産む卵の黄身はほぼ白に近く、今のようなまっきっきのプルンとした黄身になるまで約3週間ほどかかったそうな。しかし、そんな話を聞くと、狭い鳥小屋で日の目をみることなくたった17週間という短い期間で丸々と成長させられた鶏を食するなんて、とても恐ろしいことですよね?

おっと話がそれましたが、なぜ今朝ジュリエットがそんなにエキサイトしていたかといいますと、その鶏小屋を私が寝坊している間に拡張していたようで。。。しかも雨の嫌いなチキンたちのためにテントまで張った!と。
ここに来た当初は、小屋のみでとくにフェンスを張っていなかったのですが、何せMr.Fox君たちによる鶏いじめがひどいようで、已む無くフェンスを張らざるをえなくなったそう。きつねさんたちは、1羽の鶏を仕留めるのに、10羽いたら10羽とも殺してしまうという何とも残虐な動物らしいのです。
今までこのひろ~~~いお庭で自由気ままに飛び回っていた鶏さんたちにとって、フェンスはストレスそのもの。芝に潜む虫を食べたり、思いっきり走り回れないというストレスから1羽の気の弱いめんどりさんをいじめるようになりました。涙 鶏の世界にもいじめってあるんだなぁ。

しかし、このジュリエットの行動の早さにびっくりです!そりゃそんだけ顔が真っ赤になるほどエキサイトするのもうなずけます。ハイ

最後の一仕事をちょろっと手伝い、すこし晴れ間も見えてきたので私は畑仕事をすることにしました。
とにかくレタスが大きくなりすぎ、とうがたって、花まで咲き始めてしまったので、他のベイビーレタスにも日があたるよう間引きをしたり。
グリーンハウス(トマトやピーマン専用のお部屋)を覗いてみると、そこもトマトの葉や雑草がボウボウ。。。
雑草で全然トマトに日が当たらないので、小さなトマトはなっているものの、ちっとも赤くなりません。
それも剪定し、グリーンハウスもきれいになりましたv

今日もお客さんは2名のみ。いつもは9名満室のはずの7月も、やはり不況のせいかUP&Downの日々です。それでもやはり農家なのでやることは毎日山のようにあるのです。。。ふぅ。 こういう不況の時期だからこそ、いつもはできない細かい作業ができるのというのも大切なことかも♪
e0181286_0154156.jpg




e0181286_0162219.jpg

[PR]
by yukitosun | 2009-07-25 00:17