<   2014年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

今朝、久々にシェイクスピアの作品集を取り出してみました。

e0181286_122559.jpg


これは18世紀ころに作られたものと思われるのですが、箱の損傷があまりにひどくてそ~っと開けなければ・・・っと開けてみたらビリっ!やってしまいました・・・;

ゲゲゲっと思ってみてみると、何と破れた箱の側面にも何やらびっしりと書いてあります。解読するのは難しそうだけど、気になる~><

e0181286_12252445.jpg


ちなみに、SHAKESPEAREという綴りは19世紀に入ってから統一されたもので、この箱にあるSHAKSPEARE(Kの後にEは入りません)は18世紀後半まで広く使われていました。

e0181286_12255229.jpg

シェイクスピア本人は、Eを入れずにサインしていたと言われています。その他にもさまざまなスペルがあるようですが、この作品集が一体どこで生まれ、どんな人たちの手に取られてここまでたどり着いたのか、歴史のミステリーに感激な朝でした☆
[PR]
by yukitosun | 2014-06-18 12:26 | 英国アンティーク

皆さまごきげんよう♡

今日も雨降り、浄化の季節ですね。

雨の音をじっと聞いていると、色々な音が共鳴して心地がいいです。

さて、本日はお知らせです。

約2年、イギリスの生活情報誌ミスターパートナーに掲載させて頂いておりました連載「ファームステイ物語」が7月号で最終回となります。

最初始めた時はこんなに長く続くと思っていなかったので、あ~もう2年も経ったんだなぁとしみじみ

今年、2014年変化の年

私にとっても心の内・外でも(結局はひとつなのですが)大きな変化があり、終了することに妙にストンと腑に落ちるところがあり、決意しました。

イギリスの農村は私の今の活動の原点であり、未来です。

これからもイギリスの農村・農家民宿について、そして真の豊かさについて皆さまにお伝えしていくことには何ら変わりありません。

現在イギリス移住への準備を進めている中で、これからの自分に何ができるのか、何をしていきたいのかを自分のハートに従って行動していけたらなと思っています♪

今ヴィジョンとして描いていることは

イギリスの美しい田舎で全世界の人々が癒しを体感できる場所を作ること 

前はシンプルに宿屋をやりたかったのですが、イギリスの本来もっているケルトやアヴァロンのエネルギーだったり、ただそこにある自然のエレメントやスピリットに包まれて、静寂の中でそこに訪ねてこられた‘あなた‘自身がありのままでいられる場所

それは瞑想だったり、ヨガだったり、オーガニック食材に触れることだったり、笑うことだったり、旅先でのソウルメイトとの出会いだったり

どんな形で‘あなた‘の前に現れるかわからないけど、ただそれは現れては消え、そしてまた現れるという自然の原理・サイクルを体験してもらうことが目的なのかもしれません

と!いうようなことをできたらな~と今の私は感じています。

もちろん、暮らすように旅する英国ツアーも健在です♪

これまでご愛読下さった皆さま、本当にありがとうございました。

全国の読者の皆さまから頂くメールやお手紙はとっても励みになりました。

いつかそんな皆さまと直接お会いできたらうれしいです♡

7月号は6月10日発売です。あっ大安だ!笑

こちらのブログはこのまま続いていきますので、これからもどうぞよろしくお願いします☆^^☆

e0181286_11482762.jpg

これはとあるイギリスの農家民宿のアプローチを散歩していた時に撮ったもの。
パワースポットで有名なストーンヘンジ等も魅力的ですが、私はファームステイ先の方が多くのスピリットを感じることができます。農家民宿も実はピュアなパワースポットなのかもしれませんね。
e0181286_11461585.jpg

[PR]
by yukitosun | 2014-06-06 11:49 | ☆お知らせ☆