<   2013年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

皆さまごきげんよう!
只今、ロンドンのシェパーズブッシュマーケット駅にありますWestFeildLondonという大きなショッピングセンターに来ております。
今日は久々の青空、気温も18度で暖かいので家にいるのはもったいない!
でも、私が今は滞在しているところにはあまりいいカフェがなく、かといってロンドンの中心だと人がごった返し。観光客も多いですし。
落ち着いて仕事ができません。。。ってカフェで仕事するなって感じですが(笑)
でもこのショッピングセンターには素敵なカフェがあるんです。
ゆっくり落ち着いて座れるソファーに壁にはゴージャスな鏡。
さりげなく置かれたいろんな色の椅子たちは古い教会で使われなくなったのチャーチチェア。
こんな空間が大きなショッピングセンターのど真ん中にあるなんて本当に素敵です。

ということで、今日はここからマグナロンガツアーの様子をお伝えしたいと思います♡

ツアー第2日目目 8月10日11日
昨日、ストラットフォードからLoweFarmのありますペンブリッジ村に到着し、都会の喧騒から一気に鳥のさえずりと風のざわめき以外は聞こえないシンと静まり返った農家民宿に泊まりました。
今までのツアーではヒースロー空港から直接農家民宿に泊まる日程作りをしていたのですが、街中のB&Bと農家民宿を泊まり比べるのも面白い経験かも!と思いました。
皆さん、ぐっすり眠れたようでツアーのメインイベント、マグナロンガウォーキングフェスティバルへの意気込みもバッチリの様子。
さぁいよいよスタートです!
スタート地点では、多くのボランティアスタッフ、音楽団たちのあたたかいウェルカムソングでお出迎えしてくれました。
e0181286_2152337.jpg


e0181286_21531111.jpg

今回は初じめてのマグナロンガツアー参加ということで、マグナロンガジャパン代表でもあり長野県原村でペンションワンズワースを営むハッティとマグナロンガジャパンを立ち上げた原村ラブリーガールズのメンバーのもう一人との顔合わせの日でもありました。
今後、マグナロンガを通してイタリア、イギリス、そして日本のこの文化交流が楽しみです。
さてさて、朝10時20分スタートの私たち。
道中、キレイなお花や家々に心奪われみんなカメラ小僧と化してしまいました(笑)
全距離約10キロ。普通のペースで歩けば約4時間の距離だそうですが、どんどん後半スタートの参加者に追い抜かれて行きます。
でもすべては一期一会。
今を楽しみましょう!ということでこちらがその写真です。
e0181286_2282738.jpg


e0181286_2282059.jpg


e0181286_2261635.jpg


e0181286_226089.jpg


e0181286_225231.jpg


第一ポイントはラドローの町を力強く流れるテム川沿いにありました。

e0181286_2244349.jpg


e0181286_2212580.jpg


休憩の後は、いよいよカントリーサイドフットパスを歩きます。

e0181286_22104821.jpg


小麦畑が黄金色に実っています。もうすぐ収穫の時期です。
今年は例年になく農家さんにとっても太陽と雨、とてもバランスのとれた年だったようで本当によかったです。昨年はここ100年間で最悪の農業生産出来だったようで、イギリスの多くのテレビ番組でも取り上げられていました。すぐに出荷できる作物もあれば2年後3年後にその影響がでる農家もあります。例えば飼料用の麦を生産している農家さんはまさにそれ。なので、今年の出来に挽回できるかが鍵となってきます。
e0181286_22191054.jpg

さてこちらは農場のとなりにあるお墓にありますゴミ箱。
景観を考えてゴミ箱を垣根で囲っています。
e0181286_22214027.jpg

そうこうしているうちに第2ポイントへ到着しました。
e0181286_22221979.jpg

こちらでも参加者を楽しませる音楽やお食事が待っていました。
ここで一休み。
e0181286_22251560.jpg


e0181286_22243783.jpg

今日もまた長くなってしまいました。
ここまで読んでくださりありがとうございます。
また続きは後ほど。。。
[PR]
by yukitosun | 2013-09-24 22:30 | イギリス農村ツアー

皆さま、大変ご無沙汰しております。
こちらイギリスは何年ぶりかの猛暑が終わり先週からぐっと気温が下がり、今日はなんと12度!まったく何を着ていいのやら困ってしまいます。

さて、アップし遅れておりましたツアーの内容を少しずつまとめたいと思います。
今回のためにIPadMimi用の小さなキーボードを購入したのですが、昨日連載を書き上げるために使用しただけ、全然役に立っていません(笑)小さすぎて使いづらい上にメールを書いているとまだまだ途中なのにエンターを押しただけで送信されてしまうという始末。ブログを書こうにも小さすぎて肩がこる 涙
やはりアンティーク好きには最新テクは通用しないのでしょうか。
こちらでもスマートフォンを使い始めましたが、さっぱりわかりません。
メールと電話ができれば充分な私。。。

また話が脱線しました。でも、がんばって書きます(笑)

8月9日マグナロンガジャパンチームの代表ハッティーと練りに練り上げたこのツアー
いよいよ実現しました。
ヒースロー空港に到着後、一行はシェイクスピアの町ストラットフォードへ。
まずはフィッシュアンドチップスを体験してもらわないと!到着後さっそく夕食。お気に入りにパブへお連れしました。
皆さん、時差ぼけも長時間フライトもなんのその。
e0181286_21203298.jpg

e0181286_21214990.jpg
e0181286_2121856.jpg

イギリスの夏は夜9時過ぎまで明るいです。
e0181286_21234345.jpg

翌朝はまるで天使が私たちを祝福してくれているかのように美しい空を見せてくれました。
e0181286_21223718.jpg

さぁ今日は典型的ではありますが、観光地のツアーです(笑)
シェイクスピアの奥様だったアンハサウェイのコテージとストラットフォード観光です。
e0181286_2129217.jpg

この時期はお花も盛り、ハンギングバスケットもボリューム満点で見頃です。
e0181286_21287100.jpg

ラッキーなことにお天気も良かったので街中で青空市が開催されていました。
スケジュールを変更してマーケットを散策。これも小規模ツアーの魅力です。
e0181286_21302937.jpg

エイヴォン川にはナローボートが。
e0181286_2132170.jpg

その後、一行は観光客でごった返しの町から一気に静かなイギリスの農村へ移動です。
やはり人ごみは疲れます;こころから本当のイギリスの素晴らしさを体験してもらわなくっちゃ!
今夜からは築600年の歴史がありますLowe Farmに宿泊です。
チェックインを済ませ、今日は早めにご夕食
とある農村にありますレストランです。私は未来のジェイミーオリバーと呼んでいます24歳の若手シェフディビット君のお店。プレゼンテーションもバッチリ!
e0181286_21453100.jpg
e0181286_21441379.jpg
e0181286_21422948.jpg
e0181286_21413289.jpg
e0181286_21392692.jpg
e0181286_21382974.jpg
e0181286_21373386.jpg

もちろん、お料理も最高です。
他に観光客もいない、しーんと静まりかえった田舎でのお食事。
いよいよ明日はメインイベントマグナロンガウォーキングです。
今夜は早めにお休みですzzz
[PR]
by yukitosun | 2013-09-17 21:02 | イギリス農村ツアー