<   2013年 06月 ( 13 )   > この月の画像一覧

本日は贅沢に22金がふんだんに使われておりますアンティークティーセットのご紹介です。
1900年代に作製された何とも美しくエレガントな3名用ティーセット。
セージグリーンを基調に、英国らしいフェミニンな色使いのイングリッシュローズを光沢のあるエナメルがさらに引き立たせています。

これから夏本番!ステキなティーセットで涼やかにティータイムを愉しみたいものですv

日本はもとより、英国でも入手困難な1点ものです。

e0181286_18303889.jpg

e0181286_18305280.jpg

e0181286_1831126.jpg



色はセージ色とイエローと2色あります。
3名用ですが、他のお好きなティーセットなどと合わせてもGOODです。

詳しくはこちらから↓ ↓ ↓


アンティーク&エコ雑貨のお店
The Farm House Lane


s-image1.jpg

[PR]
by yukitosun | 2013-06-28 18:43 | 英国アンティーク

こんばんは!
先日のスーパームーンは皆様それぞれ素敵な時間を過ごされましたか?

さて、本日はとってもラブリーなサンドウィッチトレイのご紹介ですv
金彩の縁取りにブリティッシュなローズ柄。とてもエレガントなお皿です。
小さめなので、アクセサリーなどを置いてもお部屋のアクセントになります♪

ヴィンテージ品
イギリスでは昔から不動の人気を誇るOLD FOLEYのものです。

e0181286_23205561.jpg
e0181286_23204580.jpg



アンティーク&エコ雑貨のお店
The Farm House Lane


s-image1.jpg

[PR]
by yukitosun | 2013-06-25 23:27 | 英国アンティーク

皆様こんにちは☆

早いもので明日は1年で一番昼間の時間が長いとされる夏至ですね!
さてこの夏至、太陽からのエネルギーが1年で1番、高い状態で地球へと降り注ぐ特別な日。
この太陽からのエネルギーを受け取ることで私たち人間の細胞が活性化し、物事の現実化・具現化のスピードが、一気に加速していくとされているそうです。

そして、23日は1年でもっとも月が地球に接近するスーパームーンの満月だそうです。
太陽の「陽」と月の「陰」 なんだか不思議なことが起こりそうな予感v
宇宙の法則ですものね。

陰と陽と言えば、昔、京都の綾部で野草料理研究家の若杉ばあちゃんになんどか仕事でご一緒させて頂いたことがありました。
若杉ばあちゃんは、この陰と陽をうまく使い分けて暮らしていらっしゃいました。
人間でも陰・陽体質の人がいて、食べ物もすべてそれに分けられるそうです。
すっごく難しくて何度かワークショップも拝見させてもらいましたが、この陰・陽のしくみ未だによくわかりません(笑)でも、たとえば人間でいうと朝起きてすぐに親指を中にして手をぎゅっと握って力が入る人は陽体質だそうです。食べ物も地上で育つもの、地下で育つもので分けられたり、新月に採っていいもの満月に採っていいもの、などなどほんと~~~に細かく分類されています。
自分の体質をどちらか知り、それによって食べ物も分けていくということなんだそうですが、いやいやさっぱり私には実行できそうにありません。

でも、宇宙に陰と陽があるように、その中のほんの一部でしかない地球にもそれがあるのは当然のことですものね。この夏至とスーパームーンの3日間の過ごし方が、今後の人類のアセンションにおいてKEYになってくるよう!

さて、先日、BS-TBSで「世界一周魅惑の鉄道紀行 イギリス最強のパワースポットを巡る」というのをたまたま発見!
普段は殆どTVを見ない私もここぞとばかりにへばり付いて見ていました。
イギリスは本当にエネルギーの強い国です。番組の中でパワースポットと題していくつかの観光地が紹介されていました。私はイギリスを旅して暮らして、それを感じずにはいられませんでした。
街中には普通に魔女みたいな人たちがいるし(特にパワーストーンのお店」)、不思議なこともたっくさん起こります。やはりそれは歴史や宗教的なものもあるし、自然=宇宙とうまく共存している国だからこそなのかもしれませんね。日本では昨今スピリチュアルという言葉が定着してきたので、理解・興味を示す人も多くなってきましたが、それでも中にはオカルトや宗教的なダークなイメージをもってしまう人も中にはいるようです。
しかしイギリスでは、天使の存在やスピリチュアルな出来事も自然に受け入れられる「国」と「文化」としての大きな土台があります。それを反映しているのが、ハリー・ポッターやロードオブザリングなどの映画ですね。

さて、番組の中でペンジュラムストーンという石が冒頭で紹介されていました。
実は私もこのペンジュラムストーンを愛用しています。
これはクリスタルなどで作られた振り子なのですが、これで自分の潜在意識と繋がって内的自己と交信できちゃうすぐれもの。
イギリスのパワーストーンや不思議な匂いのするお店(!)では必ず売っています。
私はまだまだ初心者ですが、ポジティブ(右回り)・ネガティブ(左回り)で反応してくれます。たとえば、基本的なところから行くと食べ物・飲み物・化粧品だったり、薬などそれが自分にとってポジティブに働くかどうか教えてくれます。
食べ物はアレルギーがあるかないかもわかったりします。私はこれで砂糖・小麦がNGなことが判明(涙)もちろん添加物の入ったものもほとんどNG。
あとは大事な日取りを決める時、旅行だったり、誰かと会う、会社のミーティングなどこれらも自分にとってベストな日を選ぶことができます。カレンダーに仏滅とあってもすごくポジティブに反応する日もあります。そして自分やその他の人・動物や植物の健康状態もわかります。
不思議ですね。でも本当によく反応してくれて、導いてくれます。
現在は2つありますが、少しずつ増やしていきたいです。これも出会いですものね。
左の緑色の石はアベンチュリン。真実を見分ける石とされていてチベットの仏像の目に使われています。
イギリス南西部のコーンウォール地方に行ったとき、海沿いにあったお店の魔女さんに、「好きなものを選ぶの。触ったりしてフィーリングでね」とアドバイスでしてもらって選びました。
そして右はおなじみアメジスト。こちらはなぜか今年の4月にイギリスのファームショップで見つけました(笑)
e0181286_13164695.jpg


ぜひみなさんもトライしてみて下さい。
そして明日からの特別な3日間を大切に過ごしましょう♪

皆様にも素敵なことが起こりますようにv
[PR]
by yukitosun | 2013-06-20 13:31 | 英国スピリチュアルな暮らし

皆様こんにちは☆
いつもご覧いただき本当に感謝です!
今日も暑かったですね~。バテテないですか?!

さて、本日はアンティーク&エコ雑貨のお店 The Farm House Laneのお休みのご連絡です。

誠に勝手ながら、8月からスタート致します英国ツアー、農家民宿研究活動のため2013年8月7日~10月21日までお休みさせて頂きます。もちろん、新しい商品の買い付けもしてきます!

現在こちらでご紹介させて頂いております商品のご購入をお考えのお客様、どうぞお見逃しなく☆^^☆ 
長い年月を経たアンティーク商品は一期一会です。

また、英国滞在のお話などは現地よりブログを通じて皆様に発信していきたいと思います。こちらもお楽しみに♪
今回も皆様にイギリスのステキな農家民宿をお知らせできるようがんばりますv

それでは、今後ともどうぞThe Farm House Laneをよろしくお願い致します。

e0181286_1865611.jpg

e0181286_1883068.jpg

[PR]
by yukitosun | 2013-06-18 19:03 | ☆お知らせ☆

!Facebook始めました!

いつもありがとうございます♪

アンティーク&エコ雑貨のお店
The Farm House Lane

のフェイスブックページのご紹介です。

いいね!よろしくお願いします☆^^☆


s-image1.jpg

[PR]
by yukitosun | 2013-06-14 10:55 | ☆お知らせ☆

アンティークのジョウロ

こちらはイギリスの農村で買い付けてきましたアンティークのジョウロでございますv
1920年のものです。
コッツウォルズ郊外にある農家で大切に使われてきたジョウロ・・・何とも思い出がいっぱいな感じ、そして年季の入り具合がサビに現れています。私たちにできるシワのように、ブリキにはその年数を経てサビができます。
この梅雨の季節。あじさいの横にポツンと置いて、ブリキにあたる雨音を聞くのも何だか情緒がありますねv

e0181286_17403.jpg
e0181286_172652.jpg


商品詳細はこちらです↓↓↓

アンティーク&エコ雑貨のお店
The Farm House Lane


s-image1.jpg

[PR]
by yukitosun | 2013-06-14 01:08 | 英国アンティーク

実を落とす時

6月ももう半ばですね。
皆様お元気ですか?

今朝は愛犬チョコラブのサン君と雨の中お散歩に行ってまいりました。
ご近所のワンちゃんたちは、雨が降ると散歩を嫌がる子が多いのですが、うちは雨の日は特にテンション高めです。
やはりラブラドール・・・水が大好き。
そういえば、イギリスのわんちゃんたちも水が大好きです。
以前、ブライトンの近くにある小さな海沿いの街に住んでいたことがありまして、そのお家は海の真ん前。
朝食を食べながら、ぼ~っと外を眺めていると飼い主さんと楽しそうに浜辺をボール遊びするわんちゃんたちの姿をよく見かけました。
もちろんイギリスですがら、雨も多く、海でもずぶ濡れ、雨でもずぶ濡れ。
チリチリカーリーヘアーになっちゃうワンちゃんもいれば、ロングヘアでいつもはお目目がどこにあるか分からない子たちも、目をキラキラ輝かせながら元気いっぱい走り回っています。
どろんこになったってへっちゃら。
それも結構毎日だったりするから、お手入れが大変だろうな~なんて勝手に心配していたものです。

さて、話は戻りまして今朝のお散歩。
近所を通りかかるとアスファルトにたっくさんの黄色い実が落ちているのを発見しました。
これは一体なんだろう・・・形はももを小さくした感じ。アプリコットみたいな。
雨で腐って種が外に出ているけど、固いコンクリートじゃ芽は出てこないような~と思ったその時。

ふと、あ~こういう事なんだと腑に落ちました。

木が自分 実が自分のアイデアだったり神様からのギフトだったり、自分から作りだされるものとして

落ちる場所 落とす場所が社会や自分を取り巻く環境

自分の立つ大地が柔らかい柔軟な環境を保てば、もっとクリエイティブに生きていけるし、そこから芽を出すこともできる。
でもアスファルトのように固く、他者の入る隙間も与えなかったらせっかく落とした種も成長できないんですね。

いつでもフレキシブルに、子どもの感覚を忘れず、心の大きな人間として生きていきたいものです。

こんな感じでいつもイビキに寝言にまゆげもマロな13歳のおじいちゃん犬サンくんですが、実は私のスピリチュアルガイドドッグなのです。
以前は人生の転機にまさに脱皮をしている蝶の姿を見せてくれたこともありました。

サンありがとう!

皆様のまわりでも大切なペットちゃんたちがこういった意味でガイドしてくれること、ありませんか?

さぁ今日はMP連載の締め切りです。がんばります!
そして8月のイギリスの農村を歩くツアーもいよいよ大詰めです。
今回は8月~10月の半ばまで滞在予定です。現地での英国農村ツアーのコーディネートをご希望の方がいらっしゃいましたら、お気軽にお問合せ下さい。

それでは皆様ごきげんよう☆^^☆
e0181286_14203744.jpg

[PR]
by yukitosun | 2013-06-13 14:27 | 日々徒然

今日も恵みの雨
ジメジメしちゃうけど、雨の音っていいですよね!
こんな季節も楽しんじゃいましょう♪

さて、本日は今年の1月に泊まりましたある農家民宿さんをご紹介します。
(アップ遅くなりすぎました><)
こちらはロンドンから南に車で約1時間ちょっと走ったところにあります。

5つ星クラス金賞受賞 イングリッシュブレックファースト賞受賞

期待が膨らみます

ファームの入り口
e0181286_1223439.jpg

B&Bの外観 B&B以外にセルフケイタリングもあります
e0181286_12242529.jpg

ダブルルーム お部屋やバスルームに使われているファブリックはキャスキッドソンでしたv
e0181286_12201859.jpg

ふわふわなバスローブもついています
e0181286_1222366.jpg

清潔感のあるバスルーム ベットルームの隣にあります
e0181286_12205791.jpg

朝食を頂くお部屋
e0181286_12254471.jpg

焼きたてのパンとフレッシュジュース
e0181286_12261973.jpg

そっそんなに薄くぅぅ??!!日本は厚切りが好まれますが、イギリス人は薄切りLoveです。。。
e0181286_1239362.jpg

この日はフルイングリッシュを頂きました 
食器はロイヤルウースター、ジャムも手作り
すべてこだわっています。さすがです。
e0181286_12271157.jpg

2日目はスクランブル&スモークサーモンを頂きました。
こちらのB&Bもちゃんと朝食用のメニューがあり、かなり豊富なメニューでした。
e0181286_1229791.jpg

ゆったりお庭を眺めて座りたい そしてこのルースターのクッションの先に見えるのが・・・
e0181286_12302813.jpg

リアルルースター! ちゃんとコーディネートされています(笑)
e0181286_1232059.jpg

広大な農場 フットパスを歩くのもいいですし、テニスコートも併設されていましたので思いっきり遊ぶのもGOOD♪
e0181286_12324325.jpg

澄みきった冬空 大地のエネルギーそして木からのバイブレーション 思いっきり深呼吸しましょう!
e0181286_1234914.jpg


いかがでしたでしょうか?!
ぜひ皆さんもイギリスを訪れる際には農家民宿に泊まってみて下さいね♪
より英国の素晴らしさを感じることができると思います☆^^☆
[PR]
by yukitosun | 2013-06-12 12:43 | イギリス Farm Stayのすすめ

インド雑貨

降りそうで降らないこの空!
ざざ~っと来てほしいです。

と思ったら、いよいよポツポツ来ました(笑)

さて、雑貨に目がない私ですが、インドのテイストも大好きなんです。
やはりインドは英国とのつながりも濃いので、イギリスアンティークともよく合いそうな雑貨たちばかり!

今回はショッピングの時間はあまりありませんでしたが、それでもがんばって買いました☆^^☆
e0181286_14505041.jpg

かわいいスリッパやサンダルたち
e0181286_14521453.jpg

インド綿にスタンプを一つずつ手押しで作られたハンドメイドのテーブルクロス
そしてブルーのポットたち やっぱりブルーが好きなようです
e0181286_14525713.jpg

インドシルクやカシミールショール
e0181286_14542776.jpg

ででん!出ましたすっごくベタですが、最近訪れたところで記念に集めています。
e0181286_14553268.jpg


行く前は小さなつぼみだった蘭も帰ってみるとこんなに大きくなっていました♪
e0181286_14594082.jpg

[PR]
by yukitosun | 2013-06-11 15:01 | 番外編インド

魂の旅 インド

皆様ご無沙汰しております☆
お元気でしょうか?!
日本はしばらく雨が降っていないようで、お庭のアジサイも何だか少し元気がありません。
畑のじゃがいもも大きくならないし、キュウリもなすも勢いがありません。
梅雨はジメジメして嫌だけど、必要な自然のサイクル。雨さんお願いします!

さて、私は1週間のお休みを頂きまして、研修旅行に行ってまいりました。
いわゆる添乗業務の研修です。

そして行先は上海・インド。

先日「魂の旅」と申し上げましたが、まさにそんな感じの旅となりました。
今日はちょっとスピリチュアルな面からの旅の報告となります。

さかのぼること2012年11月

アメリカから来日されていた世界的に有名なレイキマスターでもありチャネラーのテリー・サイモンズさんのアシュタールセッションを受けました。(アシュタールについての詳しい内容は省きますね)

その中で私の魂のこと。前世や地球に生まれてきた使命、アセンション、そしてこれから私が成すべきことなどをお話していただきました。

すると彼女はこう言いました。

「あなたはその昔、インドで妃として暮らしていてタージマハルととても縁深く、近々海を越えてインド・ネパール・タイなどに行くことになるでしょう。そして特にインドでは自分の過去と向き合い、様々な変化が訪れるでしょう」

その時はただ茫然と聞いていて、心の中では「インドには興味はあったけど一人で行く場所ではない」ととても否定的でした。

しかしその数か月後

たまたまこの研修旅行の行先がインド そしてタージマハルに本当に行くこととなってしまいました。

こんなにはやくに実現するとは思っても見なかったので、正直鳥肌が立ちました。

それからしばらくはすっごくインドにいくことが楽しみだったのですが、だんだん「その日」が近づいてくるとそれが漠然とした「恐怖」に変わってきました。

一体何が起こるんだろう

瞑想をしたり、いつもお世話になっているヒーラーさんにもSOSを送り、、「自分」をしっかり保つことを意識し、
「何が起きても受け入れる」ことを心に留めたら、大丈夫かも?!という気になっててまた楽しめる自分がいることに気が付きました。

そんな覚悟ができたからか、現地に降り立っても至って普通に旅を楽しむ自分もいて、よしよしこのまま何事もなく帰れそうだと思っていたら・・・

起こります 起こります ハプニング

インド最終日

バスの車窓から外を眺めていると竜巻が出来上がる瞬間を見ました
荒野の中心で物凄い左回りのネガティブなエネルギー
するとその後空がどんどん暗くなり雷ピッカピカの大嵐
道路は川状態 街路樹もボキボキなぎ倒され
雨季に入っていないインドではまず珍しい大雨となりました
しばらく観光は中断され、バスの中で待機
ただただ天の恵みからすべてを洗い流されるその光景を目の前に一人感動しておりました。
するとさ~っとそれまで張りつめていた重い雲が引き、青空に変わりそうな一瞬を見て観光再スタート!
そこはタージマハルの建築のモデルとされたと言われているそれはそれは美しいイスラム建築世界でした。

そこにたたずむ木々や草花も雨という恵みを受け、より一層生き生きしていました。
野良犬たちは空からのシャワーを浴び、水浸しの芝の上を嬉しそうに駆けずり回っていました。
大空を舞う鳥たちは、平和を取り戻したことを喜ぶようにそれを全身で表現していました。

そこでふと感じたことは

「今、そこにあるだけで美しい 今、そこにいるだけで輝いている」

目の前に広がるスラムの世界
人一倍汚い場所が苦手な私がインドの貧しい人たちを汚いと思うことは不思議と一度もありませんでした。

おこがましいかもしれないけど

彼らの手を取って「愛」を送りたくなりました。
物乞いをしてくる子供たちを抱きしめたくなりました。

なぜスーツケースに自分に必要なものだけを詰めてきたのだろう

なぜこの人たち・この子たちに与えられるものを詰めてこなかったのだろう

盗まれるという目でこの子たちを見たらきっと盗まれるでしょう

助けてほしいんだという目で見たらきっと心が通じるでしょう

自分の中にある「愛と光」を送ったら、きっと彼らは受け取ってくれるでしょう

そして彼らの中にある「愛と光」で答えてくれるでしょう

責める自分がいました。そういう目で見てしまっていた自分に恥ずかしさと怒りを感じました。

「貧しい人たちを救いたい」

そんな感情が湧水のように自然と湧いてきて、胸がぎゅっと熱くなるのを覚えました。

自分の心に芽生えた感情と向き合うので精一杯で正直、研修どころではなくなってしまいました。

インドという国はたった数日間の滞在では理解することは不可能で、ジャッジすることもできません。

豊かさと貧しさが嵐の去った石床に浮かぶ水面にくっきりと映し出されていました。

自分の前世を思い出すことも、懐かしさに浸ることもありませんでした。

でも

「いつかまた来よう」と飛行機の中で強く望む自分がいたのはやはりきっと魂が揺さぶられたからなのかもしれません。

そしてここでハプニングが終わりかと思いきや

ここからが本番でした(笑)

上海経由で、成田行きの便を待っているとまたもや大嵐
歩けなくなるほどの暴風雨を体験し結局フライトはキャンセル

その後急遽泊まることになったホテルではエレベーターに閉じ込められました。

一体何だったのでしょう。こんな旅はまったくもって初めて。
それでも何となく落ち着いている自分がいました。

その後現地のガイドさんに聞いた話

タージマハルに眠っている妃 ムムターズ・マハルの命日は6月17日
私たちが訪れた6月4日の翌日からは特別な儀式が行われるので一般観光客は入れなくなるそう。
彼女の命日と同じ月に訪れることになったのも、きっと何か意味のあることだったのでしょう。

e0181286_14282865.jpg


足の裏からエネルギーを感じたくなって裸足になりました。
e0181286_15162345.jpg


すべてが清算された空
あの鳥たちのように羽ばたけるかしら
e0181286_1433178.jpg


次回は少しずつ普通の旅のお話(笑)や写真もアップしていきたいと思います。
そしてインドの農家民宿事情についても書いていきたいと思います。

それでは皆様今日も一日素晴らしい日をお過ごしください☆^^☆
[PR]
by yukitosun | 2013-06-10 14:42 | 番外編インド