カテゴリ:イギリス農村ツアー( 22 )

皆さまこんばんは。

大変ご無沙汰しております、イギリス農村ツアーLindaの旅の続編をそろそろ書こうと思います。。。

というのも、先日Lindaさんよりお電話頂きまして、また今年もイギリス滞在の夢を叶えるべくがんばって準備していると嬉しい報告を受けました。

これは「Lindaの歴史」としてちゃんと記録しておきたいなと改めて思った次第です。

さて、前回はLowe Farmからラドローのフードフェスティバルに行った模様を書きましたが、その後ひとりLindaは湖水地方に向かいました。
そしてその後ロンドンで合流し、ウェストサセックス州というロンドンから車で約1時間半、南下してきました。

ここに向かう途中、もとデザイナーであるLindaのアーティスト魂が揺さぶられ、オーナーさんとも仲良くなれるはず!!と思い1泊だけ宿を取りました。

イギリスのB&Bを泊まり歩いていると、本当に不思議なくらいオーナーさんたちの以前の職業に驚かせられます。

ここは、映画や舞台、TVCMなどの小道具を作っていたアーティストさんご夫妻の宿。
まず到着して迎えてくれたのは美しい庭。中庭はまるで秘密の花園。欠けたポットひとつにしてもその置き方がアートでした。

e0181286_21382295.jpg


e0181286_21374551.jpg


中に入ると、英国カントリーの世界そのもの。
もともとファームハウスだったこの家をお二人で長い年月をかけてリフォームしたそうです。

こちらはセルフケータリングもOKなのでお部屋にキッチンもついていました。
美しい眺め。雨の日も、雪の日も、春のぽかぽか陽気も、秋の紅葉も、一年中楽しませてくれそうですね。
e0181286_21395361.jpg


ブルー&ホワイトの陶器がお好きなようで、統一されていました。
e0181286_21415718.jpg


ライティングも陶器。そして壁に掛けられた大きなゴールドの鏡にはエンジェルが2人。
とても不思議な空気が流れるお部屋でした。
e0181286_21432023.jpg


こちらはLindaのお部屋。入るなり、大興奮だったLinda、気に入ってもらえてホッと一安心。
アンティークの重厚感たっぷりな歴史あるお部屋。

e0181286_21435282.jpg


e0181286_21445034.jpg


洗面台一つとってもかわいくデコレーションされています。
e0181286_21465220.jpg


これは奥様が刺繍したもの。お部屋にさりげなく置いてあります。
e0181286_21473635.jpg


朝食ルーム
e0181286_21482375.jpg


アガオーブンでゆっくり作られたイングリッシュブレックファースト すべてオーガニック&ローカルフードです。
e0181286_21485756.jpg



朝食中、何気なく話していたらぽろっとオーナーさんがテーブルに出して見せてくれたものがありました。
皆さま、お分かりになりますか???
これ、パイレーツオブカリビアンのキャプテンジャックが使っていたキャンパスです。
ほっ本物です。。。。
e0181286_21495829.jpg



e0181286_2157943.jpg


これに纏わるエピソードも教えてくださいました。
キャプテンジャック役のジョニーデップはこのキャンパスが大層お気に召したようで、撮影後映画に使われたものと全く同じものをオーダーしに、本人自らわざわざ国際電話をかけてきたそうな。
1個約300万・・・それをUSドルで支払ってきて、UKポンドじゃなきゃだめだと一悶着あったそうです。
結局無事にポンドで支払ったそうですが、大物スター相手にも臆せず接する姿がプロですね。
私なら、ドルだろうがウォンだろうが、「ヘイ!」の一言で引き受けちゃいそうです(笑)

その他にも様々な小道具を見せてくださいました。ここでは全部ご紹介できないのが残念ですが。

e0181286_21565078.jpg


ブタさんの貯金箱が大好きなオーナーさん。

e0181286_21575922.jpg


何度も行きたくなるB&Bでした。
e0181286_2158312.jpg


さて、翌日はLindaを連れてさらに南下し、ブライトンへ。
ここでは私が以前暮らしていた時にお気に入りの場所にお連れしました。
その名もファームカフェ。
納屋を改造して作られた屋外に佇むカフェで、地元に人やウォーキングの人たちに大人気。
e0181286_2211198.jpg


本当はSoup Of The Dayを頂きたかったのですが、今日はSold Out
なのでスコーンを頂くことにしました♡
Lindaはイギリスに来てから週1回はスコーンを食べていました。。。(笑)
やっぱり本場、おいしいですものね!

e0181286_2221167.jpg


毎日、Lindaの笑顔を見ることがとっても幸せな2013年の夏でした☆^^☆
[PR]
by yukitosun | 2014-01-27 22:05 | イギリス農村ツアー

皆さまごきげんよう!
只今、ロンドンのシェパーズブッシュマーケット駅にありますWestFeildLondonという大きなショッピングセンターに来ております。
今日は久々の青空、気温も18度で暖かいので家にいるのはもったいない!
でも、私が今は滞在しているところにはあまりいいカフェがなく、かといってロンドンの中心だと人がごった返し。観光客も多いですし。
落ち着いて仕事ができません。。。ってカフェで仕事するなって感じですが(笑)
でもこのショッピングセンターには素敵なカフェがあるんです。
ゆっくり落ち着いて座れるソファーに壁にはゴージャスな鏡。
さりげなく置かれたいろんな色の椅子たちは古い教会で使われなくなったのチャーチチェア。
こんな空間が大きなショッピングセンターのど真ん中にあるなんて本当に素敵です。

ということで、今日はここからマグナロンガツアーの様子をお伝えしたいと思います♡

ツアー第2日目目 8月10日11日
昨日、ストラットフォードからLoweFarmのありますペンブリッジ村に到着し、都会の喧騒から一気に鳥のさえずりと風のざわめき以外は聞こえないシンと静まり返った農家民宿に泊まりました。
今までのツアーではヒースロー空港から直接農家民宿に泊まる日程作りをしていたのですが、街中のB&Bと農家民宿を泊まり比べるのも面白い経験かも!と思いました。
皆さん、ぐっすり眠れたようでツアーのメインイベント、マグナロンガウォーキングフェスティバルへの意気込みもバッチリの様子。
さぁいよいよスタートです!
スタート地点では、多くのボランティアスタッフ、音楽団たちのあたたかいウェルカムソングでお出迎えしてくれました。
e0181286_2152337.jpg


e0181286_21531111.jpg

今回は初じめてのマグナロンガツアー参加ということで、マグナロンガジャパン代表でもあり長野県原村でペンションワンズワースを営むハッティとマグナロンガジャパンを立ち上げた原村ラブリーガールズのメンバーのもう一人との顔合わせの日でもありました。
今後、マグナロンガを通してイタリア、イギリス、そして日本のこの文化交流が楽しみです。
さてさて、朝10時20分スタートの私たち。
道中、キレイなお花や家々に心奪われみんなカメラ小僧と化してしまいました(笑)
全距離約10キロ。普通のペースで歩けば約4時間の距離だそうですが、どんどん後半スタートの参加者に追い抜かれて行きます。
でもすべては一期一会。
今を楽しみましょう!ということでこちらがその写真です。
e0181286_2282738.jpg


e0181286_2282059.jpg


e0181286_2261635.jpg


e0181286_226089.jpg


e0181286_225231.jpg


第一ポイントはラドローの町を力強く流れるテム川沿いにありました。

e0181286_2244349.jpg


e0181286_2212580.jpg


休憩の後は、いよいよカントリーサイドフットパスを歩きます。

e0181286_22104821.jpg


小麦畑が黄金色に実っています。もうすぐ収穫の時期です。
今年は例年になく農家さんにとっても太陽と雨、とてもバランスのとれた年だったようで本当によかったです。昨年はここ100年間で最悪の農業生産出来だったようで、イギリスの多くのテレビ番組でも取り上げられていました。すぐに出荷できる作物もあれば2年後3年後にその影響がでる農家もあります。例えば飼料用の麦を生産している農家さんはまさにそれ。なので、今年の出来に挽回できるかが鍵となってきます。
e0181286_22191054.jpg

さてこちらは農場のとなりにあるお墓にありますゴミ箱。
景観を考えてゴミ箱を垣根で囲っています。
e0181286_22214027.jpg

そうこうしているうちに第2ポイントへ到着しました。
e0181286_22221979.jpg

こちらでも参加者を楽しませる音楽やお食事が待っていました。
ここで一休み。
e0181286_22251560.jpg


e0181286_22243783.jpg

今日もまた長くなってしまいました。
ここまで読んでくださりありがとうございます。
また続きは後ほど。。。
[PR]
by yukitosun | 2013-09-24 22:30 | イギリス農村ツアー

皆さま、大変ご無沙汰しております。
こちらイギリスは何年ぶりかの猛暑が終わり先週からぐっと気温が下がり、今日はなんと12度!まったく何を着ていいのやら困ってしまいます。

さて、アップし遅れておりましたツアーの内容を少しずつまとめたいと思います。
今回のためにIPadMimi用の小さなキーボードを購入したのですが、昨日連載を書き上げるために使用しただけ、全然役に立っていません(笑)小さすぎて使いづらい上にメールを書いているとまだまだ途中なのにエンターを押しただけで送信されてしまうという始末。ブログを書こうにも小さすぎて肩がこる 涙
やはりアンティーク好きには最新テクは通用しないのでしょうか。
こちらでもスマートフォンを使い始めましたが、さっぱりわかりません。
メールと電話ができれば充分な私。。。

また話が脱線しました。でも、がんばって書きます(笑)

8月9日マグナロンガジャパンチームの代表ハッティーと練りに練り上げたこのツアー
いよいよ実現しました。
ヒースロー空港に到着後、一行はシェイクスピアの町ストラットフォードへ。
まずはフィッシュアンドチップスを体験してもらわないと!到着後さっそく夕食。お気に入りにパブへお連れしました。
皆さん、時差ぼけも長時間フライトもなんのその。
e0181286_21203298.jpg

e0181286_21214990.jpg
e0181286_2121856.jpg

イギリスの夏は夜9時過ぎまで明るいです。
e0181286_21234345.jpg

翌朝はまるで天使が私たちを祝福してくれているかのように美しい空を見せてくれました。
e0181286_21223718.jpg

さぁ今日は典型的ではありますが、観光地のツアーです(笑)
シェイクスピアの奥様だったアンハサウェイのコテージとストラットフォード観光です。
e0181286_2129217.jpg

この時期はお花も盛り、ハンギングバスケットもボリューム満点で見頃です。
e0181286_21287100.jpg

ラッキーなことにお天気も良かったので街中で青空市が開催されていました。
スケジュールを変更してマーケットを散策。これも小規模ツアーの魅力です。
e0181286_21302937.jpg

エイヴォン川にはナローボートが。
e0181286_2132170.jpg

その後、一行は観光客でごった返しの町から一気に静かなイギリスの農村へ移動です。
やはり人ごみは疲れます;こころから本当のイギリスの素晴らしさを体験してもらわなくっちゃ!
今夜からは築600年の歴史がありますLowe Farmに宿泊です。
チェックインを済ませ、今日は早めにご夕食
とある農村にありますレストランです。私は未来のジェイミーオリバーと呼んでいます24歳の若手シェフディビット君のお店。プレゼンテーションもバッチリ!
e0181286_21453100.jpg
e0181286_21441379.jpg
e0181286_21422948.jpg
e0181286_21413289.jpg
e0181286_21392692.jpg
e0181286_21382974.jpg
e0181286_21373386.jpg

もちろん、お料理も最高です。
他に観光客もいない、しーんと静まりかえった田舎でのお食事。
いよいよ明日はメインイベントマグナロンガウォーキングです。
今夜は早めにお休みですzzz
[PR]
by yukitosun | 2013-09-17 21:02 | イギリス農村ツアー

皆様おはようございます♪
今日はとってもさわやかで気持ちがいいです。今朝はトトロの森の中を約1時間お散歩してきました。
木漏れ日が溜息が出るほど美しい!

さてさて、引き続きツアーの様子を書いていきたいと思います。
本日は最終日。楽しい時間はあっという間です。

この日は、Lowe Farmのジュリエットよりイギリスの田舎料理を教えてもらう日でした。
メニューは、イングリッシュローストビーフ♪
私も大好きな一品です。特にジュリエットの作るローストビーフは、ヨークシャープディングからグレービーソースから全て手作りなので、教わることがいっぱいです。
イギリス人のお客様から作り方を教えて!って言われるくらいおいしいんですよ。今はイギリスも出来あいのものがい~っぱいスーパーに並んでますからね。わざわざ作らなくてもいいのです。

さて、まずは買い出しから。その前に今日はお天気もよかったので、近くにある「イギリスで最も住みやすい村」として何度も表彰されている場所へご案内しました。
ブラック&ホワイトの木組みの街並みが本当に素敵です。こ~んな小さな村なのに、教会(もちろん!)郵便局・病院・歯医者・スーパー・本屋さんからティールーム・おいしいレストラン・パブまですべて一ヶ所に凝縮されていて、なのに景観はそのまま。老後に都会から引っ越してくる方が多いのも特徴です。
石垣に生した苔がキラキラと輝いていました。
e0181286_825595.jpg

村の中心からカントリーサイドへ続くフットパスがあります。イギリスのトレードマーク、テレフォンボックスも!
実はこれも最近少なくなってきています。日本と同じで使われなくなってきているので、撤去されてしまうところが多いそう。
そういえば、先日川越で瓦屋根で作られたテレフォンボックスを発見しました。街並みとマッチしていてステキでした。なんだか忍者が出てきそうな気もしましたが・・・。日本もそういったのが増えるといいですね。
e0181286_8254574.jpg

村の中心にある小さなファームショップ。以前は古本屋さんでした。でも、オーガニックの物や地産のものがたくさん売られて、地元の人たちでにぎわっていました。
窓から見える三角屋根の小さな建物はバス停です。
e0181286_8261833.jpg

すると偶然、ある一軒のパブを発見しました。以前はオーナーが別の方で入ったことはなかったのですが、ジュリエットとよく行く大きなファームショップに併設されたカフェで以前シェフをしていた方がこちらのパブを購入したそうです!素敵に改装されていました。まだ開店していませんでしたが、特別に中を案内して下さいました。次回はぜひそちらで夕食を頂きたいと思います。8月かな。
e0181286_8314695.jpg

B&Bへ戻り、クッキングまで少し時間があったのでジュリエットに壁紙の張り方をすこ~し見せてもらいました。
e0181286_8362761.jpg

その後はファーム内を散策です。
e0181286_840451.jpg

わんこ達もついてきますv
e0181286_8404697.jpg

いよいよクッキングスタート!
e0181286_8413166.jpg

ジュリエットの旦那様クライブも加わってみんなでディナーパーティー☆
e0181286_8424015.jpg


本当にあっという間の1週間でした。毎日が楽しく、笑い通しでした。お天気にも恵まれ、本当に参加者メンバーたちの方々の気配りに感謝です。おかげさまで、また一つ思い出深いツアーにすることができました。心からありがとう!!
またいつか皆さんと一緒にイギリスの農村を周れる日を願って・・・。

さぁ、今日はアンティークショップの写真撮影です。買い付けたはいいものの、なかなかお店のHPにアップできていません。あああああ・・・ がんばります><
そして2012年の英国クリスマスツアーの内容もアップできていませんでした。
はい、こちらもがんばります☆^^☆
少しずつ・・・ね!
[PR]
by yukitosun | 2013-05-23 08:55 | イギリス農村ツアー

皆様おはようございますv
今朝は、空がど~んよりしていつもはパっと目覚めがいい私も、なかなか起きれずグダグダしてしまいました。。。
イケないイケないと思いながらも、まったまにはいっか~とまた布団に入る私。
今の季節は鳥のさえずりが本当に美しいです。布団に入って、目を閉じて、ピーチクパーチク鳥さんたちのおしゃべりを聞いているのも、何だか楽しい。

さて、本日は4月イギリスツアーの続きを書きたいと思います。
昨日、ご参加下さったメンバーの方と電話でお話する機会があったのですが、8月のツアーも今からものすごく楽しみにされているとのこと。そう言っていただけると、本当にうれしいものです。がんばらなくっちゃ!

第6日目

この日は終日ラドローを予定していましたが、その前に一軒道中に皆様にお見せしたいところがありましたので、そちらに立ち寄ることに致しました。
お屋敷を一軒まるまる改装して作られた2階建ての大きな雑貨ショップ&ガーデン。
4月中旬だったので、水仙などがキレイでした。
e0181286_8291120.jpg

ガーデン内で見つけたベンチ。久々のジュリエットとの再会。
e0181286_8294537.jpg


その後、一行はラドローへと向かいまずはランチタイム。みんなお気に入りの場所です。
e0181286_8314874.jpg


そしてこの日は、このツアーの主催でもある長野県原村で英国アンティークに囲まれたそれはそれは美しいペンションを営まれているワンズワースさんのご希望で、ある方たちとのミーティングがございました。
それは、ラドローで毎年開催されているマグナロンガというウォーキングイベントなのですが、歩くだけではなく、地元の食材や飲み物などを食す美味しとこどりのツアーなのです。そのイベントの存在をしったワンズワースさんとその仲間たちで、同じイベントを原村で開催しちゃいました!なんという行動力でしょう!
実は私もそのお手伝いを少しさせて頂いているのですが、今回はこのミーティングアレンジ&通訳を担当させて頂きました。現地のNPO団体のチェアマン、広報担当の方とご対面です。私は2回目の面会になるのですが、お二人とも、とても気さくな方でお忙しい時間を割いてわざわざ足を運んで下さいました。
そして無事、約1時間のミーティングが終了しななななんとマグナロンガのお名前を特別に頂けることになりました。そして原村ウォーキングツアーはマグナロンガ原村ジャパンへと改名することとなりました。
おめでとうございます!
e0181286_8325911.jpg


原村でのウォーキングイベントは来月6月1日に開催されます!
今月25日まで申し込みを受け付けていますので是非お時間ある方は参加してみて下さい。新緑の美しい八ヶ岳山麓の原村を歩き、地元の食材を使ったお料理、長野県の減農薬・EM菌で育てられた私も大好きな松尾農園からのりんごジュースなどがふるまわれる予定です。
詳細やお問い合わせはこちら↓ ↓ ↓
http://magnalonga.jp/contact/reserve.html

そして、毎年8月にイギリスはラドローのウォーキングツアーが開催されるのですが、今年はそちらに参加致します。今後はラドローと原村が手を取り合って、お互いのイベントを盛り上げていくことになりそうです。今からとっても楽しみですね。来年は、私たちも現地マグナロンガでお食事をふるまっているかもしれませんよ~^^
8月イギリスのウォーキングツアーに参加するツアーですが、私たちと一緒に参加してみた~いという方がいらっしゃいましたらお気軽にお問合せ下さいね。他にもイギリスの美しいカントリーサイドをみんなで歩きます。
日程:8月9日~8月15日(翌16日成田着)

それでは、今日も素晴らしい一日をお過ごしください♪
[PR]
by yukitosun | 2013-05-22 08:59 | イギリス農村ツアー

皆様こんにちは。今日もさわやかで気持ちがいいですね。
家は自宅の近くに畑を昔から借りております。そこではいよいよブロッコリーや水菜、そしてスナップえんどう豆の収穫が始まりました。もちろんオーガニックですよ。
しかし昨年からじゃがいもやナスの葉に大量のてんとう虫みたいなそうでないオレンジ色に黒のポチポチがついた虫さんたちが大量発生し、近所中の畑で苗が全滅してしまいました。他の地域では大丈夫だったようですが、なぜでしょう。。。どなたかお分かりの方いらっしゃいましたらコメントお願いします!

さてさて、話は戻りまして英国農村ツアー5日目
この日はヘレフォード州にあるハンプトンコートガーデンめぐり、そしてアンティークショップ&雑貨めぐり。
そしてメインはご夕食。ウェールズにありますオーガニックのB&Bで特別にディナーを予約しておりました。
こちらは農家民宿ではないのですが、農家のど真ん中にあるB&Bで、現在イギリスのFarm Stay UKメンバーにも申請中です。とても素晴らしいご夫妻で、初めて訪れたとき運命を感じてしまいました☆
でもイギリスってこういうことがよくあります。お互いに話し出すと、突然「私たちってソウルメイトね!」とどちらともなく言い出すのです。日本だと何となくえ???って引いてしまいそうですが、イギリスではソウルメイトとかスピリチュアルな話題は日常的。日本ではいつのころからかスピリチュアルブームで本屋さんへ行ってもそれ関連の書籍がズラリ!私自身も大好きですが、近ごろ感じることはそれが商業的になりすぎてしまっていること。何となくフワフワした感が否めません。しかし、イギリスのその世界は歴史的そして宗教的な時代背景もありますが、どっしりと地に足ついたものです。信じる信じないではなく、宇宙の一部・生活の一部なのです。いつかスピリチュアルな話題についても少しずつ書いていきたいと思います。

おっとまた話が脱線してしまいましたが、ツアーについてでしたね。
まずはガーデンから。あいにく、今年は気温がなかなか上がらず予想していたよりもお花が咲いておりませんでした。。。が~ん なので写真はありませんが、お天気にも恵まれハンプトンコートの広場はとっても気持ちが良かったです。
e0181286_1124890.jpg

ガーデン内で見つけた木 そして不思議なドア。去年まではなかったのに。。。何だかハリーポッターのハグリットが住んでそう!イギリス人のユーモアセンスですね♪
e0181286_11272731.jpg

誰かいるかな? ノックしてみるメンバー すっかり童心にかえっています。ステキ!
e0181286_1127192.jpg

アンティークショップめぐりで買い物のあとは、ゆっくり夕食タイム♪
早めについて、お茶を頂きました。こちらでは、茎茶や玄米茶なども出してくださいます。
横たわっているのは愛犬ヘイローちゃん。子犬の時に鼻のまわりに天使の輪(ヘイロー)のようなものが合ったのでそう名付けられたようです。すっごくよく躾けられていて、毎回びっくりします。このお客さんは私がいてもOKだなと感じればこうして足元にで~んと横になり、ダメだとわかればお部屋に入ってきません。
体調を崩したときは薬というものは一切与えられたことがなく、ホメオパシーなどのレメディーで治療しています。
e0181286_11292634.jpg

B&Bからの景色 またもや見とれて帰ってこれないメンバーの隣にそっと寄り添うヘイローちゃん。
癒される~~~!!羊の写真を撮りたいメンバーに自分が動けば羊が遠くへ逃げてしまうことがわかっているのでしょう。
e0181286_11363694.jpg

今夜は100%ビートのスープを前菜に頂きました。私はビートは苦手なのですが、ここのオーナーさんのスープは大好きです。もちろんすべてオーガニックですよ。
e0181286_11391175.jpg

そしてメインはスズキのお魚にベジパンケーキとお野菜のソテー
e0181286_1140583.jpg

デザートはカカオから作ったというチョコレートケーキ
e0181286_1143684.jpg

デザートのラズベリーソースのハート模様の作り方を特別に教えて頂きました。
こんなことも普通のツアーでは体験できません。えっへん!
e0181286_11441246.jpg

皆様、お料理もさることながらご夫婦のチームワークに感激されていました。すべて二人だけで完璧にこなしていらっしゃるのです。
このご夫婦は奥様はヨガマスターでもあり、ご夫妻ともに多彩な方たちです。
実は私の夢は将来イギリスでファームハウスを改造してオーガニックB&Bをオープンさせることです。
このご夫婦に出会ってからというもの、こんな風にできたらなとよりイメージが明確になりました。
いつかこのブログでオープンしましたよ!という報告ができるのを切に願って・・・。
応援よろしくお願い致します☆^^☆

では次回をお楽しみに!!

Have a lovely day♪
[PR]
by yukitosun | 2013-05-16 11:50 | イギリス農村ツアー

皆様ごきげんよう!今日はどんより雲ですが、昨日の暑さに比べたら過ごしやすくて風が気持ちがいいですね。
昨日のあの暑さに一日やられてしまっていた私。。。今年も日本の夏を迎えるのが少々怖いです;
実は、イギリスで暮らしてからというもの体温が上がっております。寒い国にいると、体もその土地の気候に適応しようとするのですね。人間ってすばらしい!!

さて先日からがんばって日記をアップしております。奇跡です!3日も続くなんて(笑)
本日はツアー4日目のご報告となります。

暮らすように旅する英国農村ツアー4日目。2泊お世話になったバースの農家民宿とお別れの日がやってきました。いつも2泊でも少ないなぁとしみじみ。場所が場所だけに1週間くらいの~んびりしたくなってしまいます。
今日はバースからさらに北上して私が約2年間暮らしていたヘレフォードへと移動します。
今日からは4泊。お客様もゆったりできますね。
その途中に今回どうしてもお連れしたかった場所がありました。それがウェールズにあるローラアシュレイの館。
以前、私はローラアシュレイジャパンで働いておりました。その関係でこの場所を知っていて、留学当時にもアフターヌーンティーをしに立ち寄ったことがありました。
その時は夏で、時期で言ったら繁忙期。なのに、シ~ンと静まり返っていて時間が止まったかのよう。その館の中の装飾品はローラアシュレイブランドのものばかりで心躍らせたのを今でもはっきりと覚えています。

現在はローラアシュレイファミリーの手からは離れ、別のオーナーさんの物となっているようですが、今までと変わらずローラアシュレイファブリックを使ったお屋敷になっています。
今回もアフターヌーンティーをみんなで頂きました。予約をしておいたので、着いたら外までお出迎え下さり、セッティングもすばらしかったです。
こちらのティーセットはローラアシュレイの館のためだけにデザインされた1点ものだそうです。美しい!!
e0181286_10235783.jpg

とっても優しいウェイターくん。地元っ子だそうです。
e0181286_102519.jpg

運ばれてきましたケーキスタンド!! テンション最高潮です。
e0181286_102694.jpg

サンドウィッチも♪
e0181286_1027993.jpg

貴婦人になりきって(笑)
e0181286_10275674.jpg

アフターヌーンティーの後は館内を案内していただきました。
美しい孔雀の絵。実は私、孔雀に目がありません。。。大好きなんです。
そしてその下に置かれたカウチ。ファブリックといい、もう持って帰りたかったです。。。
e0181286_10285767.jpg

ベットルーム。もう溜息がでちゃいますね。お部屋からの景色といい、バスルームといい、すべてがパーフェクト。いつかここに泊まるツアーも計画します!
e0181286_10305786.jpg

e0181286_1033245.jpg

このお風呂。横からもシャワーがジェットのように出てくるデザインです。これを見たとき、洗車機を想像してしまって笑いが止まらなくなってしまいました。人間洗車機・・・;
e0181286_10324053.jpg

こちらは、ローラアシュレイ夫人が町にエプロンを買いに行ったのですがお気に入りの物がなくて自分で作ったもの。ここから世界的に有名なローラアシュレイブランドがスタートしました。何だか勇気を頂きました。最初はなかなか上手くいかず小さくても、信じていれば大きく成長できるというメッセージだったような気がします。
e0181286_10332910.jpg

帰りがけに足元をみると・・・。またもやユニコーンちゃん。ありがとう♪
e0181286_10362159.jpg


おいしいお茶を頂いたあとは、ブレコンビーコン公園内をドライブです。
野生のお馬さんたち。何だかとても力強いです。
e0181286_10371479.jpg

ブラックマウンテンの中腹で車を降り、目下に広がるパノラミックヴュー!!
叫びたくなるほど(叫んでいる方もいましたが!)美しいイギリスの田園風景です。
空がクリアな時はもっともっと先まで見渡せるんですよ。私のお気に入りの場所です。
e0181286_10395784.jpg

絶景♪
e0181286_10422880.jpg


この日も雨に降られることもなく、気温も上がって過ごしやすかったです。
すべてに感謝ですね。素敵な一日をありがとうございます☆^^☆

次回もお楽しみに♪

**次回の英国ツアーは8月を予定しています。ご興味ある方は是非ご連絡下さい♪**
8月はイギリスのフットパスを歩くウォーキングメインのツアーです。現地のウォーキングイベントにも参加します!
★現在残り4名となっております★
yukitosuntomomo@yahoo.co.uk
[PR]
by yukitosun | 2013-05-15 10:43 | イギリス農村ツアー

皆様おはようございます。
日本は日の出がはやいですね。もう5時には朝日で目が覚めてしまいます。とっても気持ちがいいです。
お庭にはテッセンやゼラニウムが咲き誇っております。
イギリスでは朝日で目が覚めるということは、まずありませんでした・・・;なぜかイギリスにいると睡眠時間がとっても長くなります。なぜでしょう・・・。夏でもです!
特に冬なんて、9時頃やっと明るくなるのでもう体が冬眠モード。特に今年の冬はと~っても長かったので、さすがのイギリス国民もうんざりだったようです。やはり、人間にとって、太陽の日差しは生きる源なのですね。

さて、昨日から更新しております今回のイギリスツアー。本日は3日目。
3日目は南西ドーセット州より北上して、バースに移動です。この町はもう何十回となく通い続けています。
初めてイギリスを訪れたときに、1か月間ステイしたのもバースでした。すべてが私にとって発祥の地。私の人生を大きく変えた場所です。
こちらにもとても素敵な農家民宿があるので、私のツアーではいつもこちらに泊まります。
バース市内を観光した後、早めにチェックイン。オーナーの方のウェルカム手作りケーキ&ティーを頂くこと、そして皆さんに宿からの景色を見て頂くためです。

それが、こちら↓の景色。ちょうどハトさんがラブラブでした☆
e0181286_102188.jpg


みんなでゆっくりとくつろいだ後、近所のパブへ歩いて向かいました。この時期になると7時頃まで明るいので、沈みかけの夕日を背にみんなで歩くのはとても気持ちがいいです。

いつも温かく迎えてくれるピートと記念撮影 奥様がおいしいお料理を作って下さいます。
e0181286_1045991.jpg


早めにゆっくり休んだ翌朝 待ちに待った朝食の時間
皆さん、昨晩まで「もう何も食べられない~~!!」と言っていたのに、ペロリと頂いちゃってました。
心のこもったおいしい朝食にはかないませんね!
e0181286_1065671.jpg

オーナーさんと記念撮影 こちらもイギリスのイングリッシュブレックファースト賞というものを受賞されています。農家民宿4つ星金賞も受賞されています。
食材はすべて、ローカル。他のB&Bにはないパンケーキが出されます。しかもすべてアガオーブンという英国の伝統的なオーブンで調理されるので、とってもヘルシーなんですよ。
e0181286_1083994.jpg


本日は南コッツウォルズめぐり
小さな村々を歩きました。
e0181286_10143879.jpg

こんな風景も日常的 2013年とは思えませんよね。タイムスリップした感じ!
e0181286_10162373.jpg

お菓子の家発見!!
e0181286_10165283.jpg

こちらも大好きなお店。昔の馬屋を改装して作られたアンティーク&雑貨屋さん
手作り石鹸やバスボムも置いてあります。店内はとってもいい香り。
e0181286_10175364.jpg

こちらもバスボムですよ。思わず食べたくなっちゃいますね。
e0181286_1019937.jpg

アンティークの世界
e0181286_10202188.jpg

お店番をしていたワンちゃん 遊んでほしくて大きな棒を持ってきます。
e0181286_10212171.jpg

e0181286_10221526.jpg

コッツウォルズで一番保存状態のよい村としていくつもの映画の撮影にも使われているカッスルクーム
そこでワイルドガーリックの群生を見つけました。葉をちぎってみると、ほんのりガーリックのよい香り。
e0181286_1022437.jpg

町で出会ったユニコーン イギリスに行くと、いつもそばでユニコーンが見守っていてくれると感じます。いつでもそばにいるよというメッセージですね。
子どもの頃からなぜかユニコーンが大好きで、初めて両親に買ってもらった自転車もユニコーンでした。
いつもありがとう♪
e0181286_10244621.jpg

教会の美しいステンドグラス 水仙の模様でした。
e0181286_10271136.jpg

今晩は宿の近くのマナーハウスでご夕食を頂きました。
こちらはホテル・スパ&マッサージ・乗馬場・ガーデンそしてカフェレストランと約1000エーカーという広大な土地を大活用していました。ご夕食後はホテルの方にお部屋を案内していただきました。
e0181286_10281757.jpg


さぁ今日はここまで。皆様、今日も一日Lovelyな一日をお過ごしくださいね!
[PR]
by yukitosun | 2013-05-14 10:33 | イギリス農村ツアー

先日、帰国致しました。只今時差ボケまっただ中。帰国前よりそれ用のレメディーを飲んでいたので、昨日よりは大分回復しました。ひどい時は1週間も続いてましたから。。。

さて皆様、お変わりなくお元気でお過ごしですか?
近頃、イギリスのファームステイについてちょくちょくお問い合わせを頂きます。
やはり世間の意識が変化してきたのでしょうか。少しでもイギリスの農村に興味を持っていただけるということは、本当にうれしい限りです。そしてそれが、日本の農家民宿に関心をもつきっかけになり、世界にファームステイの素晴らしさを認識してもらえればもう願ったり叶ったりです。

さて、今回の4月の春を感じる暮らすように旅する英国ツアーもおかげさまで無事に終了致しました。
今回はゴールデンウィーク前ということもあり、少人数のグループで参りました。とても色濃い、素晴らしい出会い・縁を感じ、家族で旅しているかのようにリラックスしたツアーとなりました。

天候にも恵まれ、それまで真冬のように寒かったイギリスも私たちが到着した日から5度も気温が上がり、土砂降りになることもなく、本当に助かりました。
現地での素晴らしい出会いもあり、国や文化を超え、美しいイギリスの農村で出会えたこと、体験できたことはきっときっと一生もののギフトとなることでしょう。心から感謝です。

成田空港 Virgin Atlantic航空のカウンターでチェックインを済ませます ワクワクドキドキな旅がスタートしました。
e0181286_1719215.jpg


ヒースロー空港に到着後、ロンドンから南西に車で向かいチェックインを済ませ、ご夕食。もちろんパブです。
まるで女子会!! とても素敵なメンバーに恵まれました♪
e0181286_9445520.jpg


イギリス到着1日目の朝。昨晩まで降り続いていた雨も止み、青空が広がりました。
e0181286_17212158.jpg


朝食前の農場散歩 オーガニック農場で育てられている牛さんたちにごあいさつ。
e0181286_1722381.jpg


初日の朝食風景。農家民宿の朝食を楽しんでいただけたでしょうか~(笑)
こちらで出されるものはもちろんすべてオーガニックです。

おいしい朝食を頂いた後は、町めぐりです。
今回も皆様のご希望をお伺いして、当初のスケジュールとは少し変えさせていただきました。
やはり皆さん訪れる国ではツアーでもやりたいことを実現したいものです。まさにツアーだけど、オーダーメイドなのです。
この日は農家民宿から車で30分くらいの小さな町を歩きました。アンティークショップや雑貨屋さんをめぐりました。
e0181286_17235276.jpg


こちらは郵便局前のポスト。赤色ポストがゴールドに変身しています!
どうやらこちら、オリンピックでこの町から金メダルの選手が誕生したようです☆
e0181286_17294763.jpg


ショッピングの後は、地元のガーデンショップを訪ねました。ここは大好きな場所。
ガーデニング雑貨ももちろん、いろ~~んな草花も置いてあります。空間作りが上手なのですね。
e0181286_17313830.jpg


この旅のモットーは暮らすように。本当にのんびりしたツアーです。時間に縛られることなく、心のゆとりを大切にしたいので。せっかく忙しい日本(!)から脱出してきたのですから!!
夕方、宿に戻り手作りのケーキとお茶を頂いてから皆でフットパスを歩きました。雲行きが・・・
e0181286_1734429.jpg


お散歩終了後。連日の雨に農場は結構ぬかるんでおりました。それにもめげず、皆様よく歩きましたよ!
終わりは、Fordと呼ばれる川の浅瀬でどろんこになった靴を皆でゴシゴシ。
e0181286_8384967.jpg

Fordとは昔、馬車も川を渡れるようにと作られた浅瀬のこと。その横には人用の橋が架かっています。現在もその名残で車が川を渡ります。こういったのも壊さずにしっかりと現代文化に沿った形で残し、活かすところがイギリスらしいですね。

さて、本日の夕食もパブへ。ミシュラン☆を受賞しています。
その前にも周辺をお散歩。茅葺屋根に皆さん胸キュンです!
e0181286_17501360.jpg


肝心のパブ食の写真が・・・ない。
あまりの腹ペコに撮ることを忘れて食べてしまったようです。ああああ情けない。

さて、2日目は次回に☆^^☆
お楽しみに♪
[PR]
by yukitosun | 2013-05-13 17:50 | イギリス農村ツアー

皆様いかがお過ごしでしょうか。日本は桜もすっかり散ってしまい、新緑が美しいですね!
さて、いよいよ春の暮らすように旅する英国農村ツアーが始まります☆^^☆
イギリスはまだまだ冬空のようですが、そんな寒さにも負けない心温まる旅にしていきたいと思います。
そしてツアー終了後は、以前より気になっていた農家民宿の泊まり歩きが始まります!
あまり数は泊まれないけど(お金が飛んで行く~~~ので笑)、少しずつ素敵なファームB&Bを発掘していきたいと思います。
今回のメインは、ファームなのにアロママッサージやインディアンヘッドマッサージ・リフレクソロジーをしてくれる癒しをテーマにしたB&Bです。マナーハウスや大型ホテルではよくありがちですが、農家で癒しなんて素敵だと思いませんか?!
ワクワクします♪

少しずつアップしていきたいと思いますので、皆様お楽しみに☆^^☆
e0181286_22554660.jpg

[PR]
by yukitosun | 2013-04-09 22:56 | イギリス農村ツアー