カテゴリ:イベント( 9 )

本日、六本木東京ミッドタウン内で行われたブリティッシュエアウェイズと英国観光庁の共同イベント「Big British Invite 英国へようこそ」へ行ってきました☆
ミッドタウンの真ん中に突如として現れた英国の世界!!
とっても楽しく、すてきなひと時でした。
ロンドン塔の衛兵さんのお出迎えから始まり、あのキャサリン妃の愛用されている「テンパリー・ロンドン」のドレス、BAのユニホームの歴史を辿るファッションショーなどなど。もう盛りだくさんでした!
おまけにWALKERSのショートブレッドまで頂いちゃいましたよ。うれしい~~♪
こちらは3月1日・2日とやっています☆

お昼にこのイベントの告知を発見し、急いで準備してすっ飛んで行った甲斐がありました。
やはりイギリスって大好きです!
このイベントは英国への観光客誘致の活動の一環だそうです。
これを機に、もっともっと多くの方にイギリスへ遊びにいって欲しいです☆
その時はぜひイギリスのファームステイB&Bに宿泊下さいね!

いよいよ4月11日よりイギリスの農村をめぐるツアーがスタートします。
今からとっても楽しみです♪


e0181286_23374993.jpg
e0181286_23422675.jpg
e0181286_23421095.jpg
e0181286_23415024.jpg

[PR]
by yukitosun | 2013-03-01 23:57 | イベント

英国フェアIn原村 

こんにちは★

先日行われた英国フェアの様子が、原村だよりに掲載されました。
また皆様とお会いできることを楽しみにしております☆

まだまだ寒いですね。皆様は体調いかがですか?
私は先日から体調を崩してしましました。
風邪です。。。ひさびさに引きました。
元気だけが取り柄。はやく復活できるようがんばります!
それでは、今日も一日素晴らしい日となりますように♪

e0181286_94817.jpg

[PR]
by yukitosun | 2013-02-19 11:21 | イベント

2月2・3日と2日間に渡って行われた英国フェアが無事終了致しました。
お天気にも恵まれ、寒い中たくさんのお客様がいらっしゃいました。
多くの方々にお会いでき、とても楽しい2日間となりました。お越しいただいたお客様、この場を借りて心よりお礼申し上げます。
また、今回いらっしゃれなかった方も、次回(まだ未定ではございますが)はぜひお会いできることを楽しみにしております。

イギリスのアンティークマーケットを再現致しました。
e0181286_16225023.jpg


アンティーク&エコ The Farm House Lane 
日本ではなかなか手に入らないかわいいケーキスタンドや美しいロイヤルクラウンダービーのケーキスタンド、そして気持ちを豊かにしてくれる煌びやかなティーカップ&ソーサーの数々 どれもこれも1月に入荷したばかりの一点もの♪
e0181286_1623337.jpg


イギリスの雰囲気を感じていただけましたでしょうか。
e0181286_16283049.jpg


私のトークショーも開かせて頂きました。イギリスの文化、そして農家民宿についてお話させて頂きました。
美味しいお紅茶とキャロットケーキを食べながらの楽しいお話会となりました。

e0181286_1629593.jpg


私のイギリスの母 ジュリエット・ウイリアムズによるクッキングショーも大盛況に終わりました。
お料理は、おばあさんの代から伝わるチキンパイ、サラダ、そしてストロベリープディング。どれもと~っても優しい味がして美味しかった!そして何よりも手早く調理ができるのがいいです。
e0181286_16343099.jpg

e0181286_16372636.jpg

e0181286_16382689.jpg

e0181286_16384497.jpg


お客様と記念撮影
e0181286_1639534.jpg


美しい原村の景色 こんなところで英国フェアが開かれるなんて夢のようでした。
e0181286_1640674.jpg


こちらは2月3日の長野日報に載りましたv
e0181286_2165172.jpg


この度一緒にがんばった企画メンバーたち、そして出店者
petit boutis (ペンションWands Worth)
アンティークひぐらし(カフェひぐらし)
cocottovillage(生活空間&素敵な時間をプロデュース)
The Farm House Lane (http://farmhouselane.cart.fc2.com/)
その他、一生懸命お手伝いしてくださったスタッフの皆様、本当にありがとうございました☆

Thank you very much !!!
またどこかでお会いしましょう。。。
[PR]
by yukitosun | 2013-02-06 16:42 | イベント

‎2月2日(土)3日(日)

長野県原村で英国・アンティークと食とインテリアの祭典2013を開催致します。
私が過ごしたLowe Farm B&Bのオーナー、ジュリエット・ウィリアムズによるイギリス田舎料理のクッキングショー、そしてささやかながら私のトークショーも行います。皆様ぜひお越しください☆^^☆
もちろん、イギリスアンティークの出店もあります。イギリスのマーケットを再現したアンティーク&ヴィンテージ雑貨、そしてTea Roomもありますのでゆっくりとイギリスの時間を味わっていってくださいね♪

e0181286_22575896.jpg

[PR]
by yukitosun | 2013-01-18 22:58 | イベント

☆お知らせ☆

毎日寒い日が続いていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
私は14日より再びイギリスへ渡ります。今回は日本より10名のメンバーを連れて、イギリスの農村に泊まるツアーを実施します。8泊10日の旅。メンバーはとても個性的でこれはもう他にはない面白い旅になりそうな予感☆普通のツアーでは行くことのできないどっぷりとイギリスのカントリーサイドに浸かってもらっちゃおうというツアーです。来年4月も企画しております。小規模ツアーなのですぐに満席となってしまいます。ぜひご興味のある方はご連絡下さいね。

さて、本日はここで皆様にイベントのお知らせがございます。
以前から長野県の原村という八ヶ岳山麓にある村、そしてそこで出会った方々と縁あって2012年は毎週のように通っておりました。
そしてついに、2013年2月、その原村で「英国・アンティークと食とインテリアの祭典2013」を開催することになりました。原村にはイギリスかぶれ(おっと失礼!)イギリスLoveの方がとても多いのですよ☆

日程:2013年 2月2日(土)・3日(日)
場所:八ヶ岳自然文化園小ホール
時間:午前10時~午後4時

特別企画: イギリスブレックファースト賞、イギリスファームステイB&B金賞を受賞されたジュリエット・ウィリアムズによるクッキングショー

*私が以前より連載をさせて頂いているLowe Farm B&Bのオーナー・ジュリエットさんが来日されます。
両日とも午後1時30分より チケット制 要予約2000円
*お席には限りがございます。お早目にどうぞ!

そしてアンティーク雑貨やイギリスのいろいろを販売します。もちろんThe Farm House Laneも出店いたします☆

そしてそして・・・ささやかながら私のトークショーも行いますよ。
まるでイギリスのティールームでお茶会をしているかのように、皆様とイギリスのファームステイ(農家民宿)やその他イギリスの文化についてお話させて頂きたいと思います。
お茶とお菓子付 おひとり500円

さぁ!いかがでしょうか?!
イギリスの魅力がたっぷりと凝縮された2日間です。
ぜひお越しくださいね♪

また詳細など追ってご連絡致します。
[PR]
by yukitosun | 2012-12-11 15:54 | イベント

e0181286_11232143.jpg
私の大好きな月刊雑誌Mr.Partner。 イギリスの豊かな生活を毎月色々な角度から紹介してくれるので、イギリスファンにはたまりません☆

さてさてそこに4月10日発売誌より私の連載「ファームステイ物語」がスタートしました!!
私が滞在したイギリスはペンブリッジ村にあるLowe Farm B&Bで出会った素敵なお客さんについて綴っていきます。

今までのイギリスの農村での経験や大切な人々との出会いを通して学んだことを少しずつブログでも(ホントに少しずつですが;;)紹介させていただきました。実際、日本から農業を営んでいる人、Farm Stay B&B(農家民宿)を経営されている方たちのイギリススタディーツアーの企画&ガイドに携わらせて頂いた時、日本とイギリスの農村は互いに学ぶことが非常に多いと痛感しました。
イギリスの田舎での豊かな生活をこのブログの枠を超えて、いろいろな形でもっともっと多くの人に知ってもらえたら!と思います。
何せ連載なんぞ初めてなので、どうか至らぬところは目をつぶってくださ~い><

そしてそして、これまたとても縁を感じました。同じ5月号にWondsworthさんという長野県の原村でB&Bをされている方も掲載されていますv まだ私はお会いしたことがないのですが、Lowe Farmにいらして下さった智子さん(このブログを作るときに大変お世話になったのです♪)のお友達。
八ヶ岳を目の前にイギリスのカントリーサイドにあるような素敵なB&Bだそうです。アンティーク雑貨などもおいてあるようなので、ぜひぜひステイしてみたいところです。お会いする前からきっとステキな方なんだろうな~と想像が膨らみます^^

Lowe Farmでの出会いはいつもどこかで不思議な縁でつながっているように感じます。これからもより多くの出会いを思うとワクワクします♪ How Lovely!!

来月号はLowe Farmで起きたイギリスならではのロマンティックな出来事についてご紹介予定です♪
どうぞお楽しみに~☆^^☆
[PR]
by yukitosun | 2012-04-11 10:41 | イベント

大変ご無沙汰しちゃっております。
今月、ここLowe Farmに戻って参りました。

さすがにイギリス、めちゃめちゃ寒いです。そしてもう雪が降り、お庭の池は完全に凍っております。
先日ジュリエットとツリーを買いに出かけました。
どこそこのガーデンセンターで買うのかな~なんて思ってたら、いやいやもみの木専門のお店です。
山一個がすべてもみの木なんです。
e0181286_7552065.jpg


これにき~めた!
e0181286_7561739.jpg


かわいそうだけど。。。
e0181286_7571645.jpg


ラッピングタ~~~イム
e0181286_7582476.jpg


みんなでひっぱって~
e0181286_7591742.jpg


ぽんっとはい出来上がり
e0181286_80442.jpg


デコレーション開始!
e0181286_814777.jpg


もうすぐねぇ~
e0181286_822947.jpg


出来た~~~vv
e0181286_832355.jpg


イギリスで始めて過ごすクリスマス♪ すごく楽しみです。
[PR]
by yukitosun | 2009-12-23 08:04 | イベント

今日は1年に1度のペンブリッジのお祭りです。
ひさびさにお天気もすごくよかったので、今日はクライブと2人でPublicFootPath(他人の土地だろうが、ゴルフ場だろうが、誰でもぐんぐん突っ切って歩ける素晴らしいイギリスならではの散歩道)をつかって、初めてペンブリッジまで歩いていきました。
しかし、ここは他の町より観光地化されていないので、きれいなはずのFootPathは私の背丈くらいの草でボウボウ!クライブが男らしくその草を掻き分け、私はひえ~ひえ~言いながらもこの久々のお天気を楽しんだのでした~♪

「この間のWalesのお祭りとは違ってすごく小さなお祭りだよ!」と言われてたからあまり期待はしていなかったけど、思った以上に大きくて、乗馬フェスティバル・ドッグショー(どこの家の犬が一番おりこう?&きれい?)、アンティークマーケット(これはかなり穴場!)、地元のおばさんたちの持ち寄り手作りケーキカフェなどなど子供たちがもう大騒ぎのお祭りです。

最近ちっとストレスがたまって疲れ気味だった私も、クライブが連れ出してくれたおかげ(というか、多分クライブは何となく察していたんだろうな~)で、すごくいい気分転換になりましたvクライブもこのお祭りに行くのは30年ぶりなんだとか!

e0181286_21153039.jpg

歩くのがとっても早いクライブ まって~~~!!
e0181286_21172224.jpg

これがFootPathのサイン もちろんLoweFarmにもありますv
e0181286_21182837.jpg

小川に架かった小さな橋 でもこれ、羊や牛が越えられないように、意外に高い。またぐのが大変;
e0181286_21203661.jpg

見辛いかもしれませんが、これぜ~んぶアリさんの巣 でかっ!
e0181286_21214862.jpg

Kissing Gateと呼ばれるフットパスに登場するゲート。開けて閉めてとゲートを操作するたびにドア同士がキスしているみたいに見えるからそう呼ばれているのだとか。何ともイギリスらしいユーモアセンスv
e0181286_2124933.jpg

ペンブリッジの教会です。右が教会で左にある建物が鐘専用の建物。2つ別々にあるのはイギリスでもすごく珍しいそうです。ジュリエットとクライブはここで結婚式を開き、クライブは結婚式の前日に神父さんから「そういえば君は洗礼をうけているの?」と聞かれ慌てて洗礼を受けたのだとか。ちなみにお姉さんのグレニスもその洗礼式に便乗したらしい。教会にはジュリエットの祖父母やクライブの親戚のお墓もありました。その地で産まれて育ちその地に眠るって単純なことのようだけど、すごくステキなことですよね。ジュリエットは「私は絶対ペンブリッジのお墓には眠るもんか!」って鼻息荒くしていますが。なんでだろ。
e0181286_21271210.jpg

HorseShow
e0181286_21321686.jpg

アイスクリーム屋さんを見ると子供に戻るクライブ。99と呼ばれるバイラアイスにチョコレートスティックがささったアイスでご満悦
e0181286_21333552.jpg

Horseレース
e0181286_21345776.jpg

突然の長身ピエロの登場で子供たちも大喜び
e0181286_2136560.jpg

アンティークマーケットで掘り出しものを探す何とも雰囲気のあるイングリッシュジェントルマン!
e0181286_21373017.jpg

すると今度は消防自動車の登場です!
デモンストレーションにボランティアで駆けつけ、地元住民に特別な部屋を作って煙の恐ろしさを伝えていました。お祭りを利用するとは、さすがです。
e0181286_21393952.jpg

昔ながらの木でできたボーリング。さりげなく子供たちに自然のぬくもり教育です。
e0181286_21413976.jpg

お待ちかねのドックショー!なんとここで柴犬を見かけました!写真は撮れなかったけど、タロウって感じの完全柴!びっくりです@0@
e0181286_21431394.jpg

Horseshowがおわり、お家へ帰っていくお馬さんたち。絵になりますねぇ♪
[PR]
by yukitosun | 2009-07-25 20:36 | イベント

7月20日から4日間にわたってWalesで開かれたイギリス最大のShowに行って来ました。
今日のお客さんは全部で3組6名。朝7:30からせっせと朝の準備をし、10時までに無理やり?お客さんの朝食を済まさせ、11時半までにはすべてのお部屋の掃除を終わらせるというハードスケジュール!
その甲斐あって、お昼すぎにはShow会場にたどり着けましたv

生憎、天気は最悪。。。嵐のような天気に四輪駆動車ではないジュリエットの車がパーキングの泥沼にすっぽりはまってしまい、そこに居合わせたおじさんやらお兄さんやらに車を押してもらうというハプニングにもさいなまれ、やれやれのスタート!そのおかげでなんだか変な団結力が出来て、運動会みたいで、泥沼から抜けたときにはみんなでガッツポーズ♪ 

パーキングからはさらにコーチ(バス)で移動。5分くらい走った所にそのShowは開かれていました。
ジュリエットと2人で長靴をはいていざ出発!
このShowには、いくつものテントが張られ、お店や展示会場やらが軒並みところ狭しと並んでいます。
主に目立ったのは、農業用のトラクターやLandRover(ジープ)の展示、オーガニック食品の宣伝や試食、Local Foodのすすめ、木こりたちによる「誰が一番早く薪割りができるか~!よ=いどん!」ショー、horse show、釣り師による「誰が一番上手く&早く釣竿を操れるか~!」ショーなどなど、それはそれは一日では見切れないほどです。
あるテントの中には巨大な野菜が並んでいて、見たことのない特大サイズのキャベツや、カリフラワーのコンテストまで開かれていました。
嵐のせいで、地面がぬかるんでいて、それを補うために敷かれた干草も印象的で、はたまた会場で飛び交うウェールズ語もなんだかすごく新鮮でした。

平日なのにこういうShowやイベントごとが大好きなイギリス人で会場はいっぱいで、とくに目立ったのが体の不自由な人たちの参加の多さでした。

LoweFarmにこのShowに参加するために3日間泊まっていたPeter(お父さん)とStuart(息子さん)もそのうちの1人です。
Stuartにはある障害があり、他のB&Bでは一個人として扱ってくれないが、ここLoweFarmではジュリエットが他の客と分け隔てなく接するので、毎回泊まりにくるリピーターさんだそう。
今朝もお父さんのPeterの誕生日が昨日だったということを知り、「なんで昨日教えてくれなかったの!」とジュリエットが怒り始め、そこで出た彼女のユーモアセンス。
彼の朝食(Full English Breakfast)のトマトの上にキャンドルをともし、キッチンから「Happy Birthday to you~~♪」で登場。もちろん2人とも大喜び。
こういう家族のようなもてなしがお客さんを虜にするのですね。ふむふむ

帰り道。

またあの泥沼にはまったらどうしようと2人でドギマギしていましたが、ジュリエットの素晴らしいテクニックで無事パーキングから脱出!ジュリエットは車のウインドーを開け、警備のおじさんたちに「Hey! Thanks God I am a Farmer's wife!!!!」と叫びおじさんたちは???だけど、そんなのお構いなしよね。

と、とても楽しい一日でした。
それと共に感じたのが、イギリスではオーガニック食品もとても大事だけど、それを得るために他の国から輸入して、大量の二酸化炭素を排出するよりは、低量の農薬がかかっていてもLocalFoodを!という考え方が強いということ。
地元で採れた野菜や果物、牛乳やチーズ。それを美味しく食することが地球にも優しく、地元農家の活性化につながるという考え方のようです。




e0181286_6531074.jpg

e0181286_6442249.jpg
e0181286_6444795.jpg
e0181286_645141.jpg
e0181286_6455793.jpg
e0181286_6463499.jpg

[PR]
by yukitosun | 2009-07-23 06:56 | イベント