2014年暮ら旅イギリス 最終回 〜恋に落ちちゃった?!〜

なぜか略してみました 笑

暮らすように旅する→暮ら旅・・・

毎日カサカサ乾燥してますね〜T0T

めちゃくちゃ乾燥肌の私はこの時期から肌がかゆくてかゆくて・・・涼しいのはいいけど湿気たっぷりな夏の方が調子よいです。

しかもイギリスの水は超硬水! 乾燥肌には最悪 涙

先日山梨の温泉に行った際は、クリームも塗らずに一日肌が快適でした!

水の影響って大きい!と実感。

日本もイギリスも水は他国に比べて水道水も飲めるし、きれいです。

でもそれはイコール除菌されているってことですよね。そう化学物質。

私は過敏ではありませんが、なるべく体内に入るものはオーガニックなものを心がけています。

自分のためにも、環境のためにも。

でも水って難しい・・・。

飲む水はフィルター通したりできても、シャワーの水は特にです!

しかも皮膚から入っていきますからね〜。

色々調べていたら、やはりシャワーやお風呂で使う水によって乾燥肌が悪化しているケースも多いとか! が〜んT0T

すると耳寄り情報!

硬水を軟水に変え、水道水に含まれている化学物質を除去してくれるシャワーヘッドなるものを発見しました♪

カサカサかかともつるつるになるそうです。

水だけで本当かな〜。しかしされど水!です。水もエネルギーで生きています。

ちょっと高いけど、試してみようかと思います。いつかここでご報告できるかな。

さぁ!暮らすように旅するイギリスもついに後編です。

いよいよ南イングランド

海沿いの小さな町ブライトンへやってきました。

ここでは、リンダとキャロラインのために義両親がせっせこお家の改装をしておりました。

セルフケータリング(自炊型宿泊施設)の誕生です♡

ホームステイ感覚で海の目の前に泊まれちゃうんですよ♪

e0181286_1632868.jpg


こ〜んな光景が窓からも見れちゃうし、引き潮の時は素足でお散歩もGood♪
しかもberのつく月にはムール貝も採れちゃいます!
e0181286_1642277.jpg


ひょっとするとこんなウニの化石まで見つけちゃうかも?!
これ、4億年ものかもしれませんのよ〜
e0181286_1658312.jpg


ある日は近くのフリーマーケットへ
e0181286_16183758.jpg


私の戦利品♡一瞬で落ちちゃいました 笑
そしてリンダは手ぶらで帰ってきたと思ったら、ビンテージなお洋服を買っていました。
そう!袋がなかったもんだから買うたびに重ね着、重ね着。。。
グットアイデア過ぎませんか〜?!
e0181286_16185822.jpg


そして教会。こちらはとある学校に併設されたチャーチです。
今まで訪れた教会の中で一番美しかったかも!
ステンドグラスといい、パイプオルガンといい、アンティークのタペストリーといい・・・すべてにスピーチレスになりました。
クリスチャンでもあるリンダ。この空間がとっても自然体。
e0181286_16204749.jpg

巨大なタペストリーの中に大天使ミカエルさまを発見です。あ〜美しい♡
e0181286_16234882.jpg


そんな日は見上げる空もエンジェリックな空でして・・・
e0181286_16244261.jpg

こ〜んな光景をリンダとキャロラインに見せてくれるイギリスに感謝。
それだけで心が満たされます。

実はお二人が滞在中、義両親の結婚記念日がありました。
あ〜何年記念がうっかり忘れちゃいましたが(怒られそう…汗)、私たちからお花のプレゼント♡
実は主人が5歳のときにロンドンからオーストラリアに引っ越した彼ら。
そ〜んなことちっともお花屋さんは知らないのに、なぜかユーカリの葉をプラスして下さいました。
シンクロですね。
ユーカリの葉を見て、おかあさんは「これ、大好きなの!あ〜オーストラリアを思い出すわ」と異国での結婚生活を思い出していました。
e0181286_16351214.jpg

涙ぐんで喜んでおりました。
義両親だけど、とってもラブリーなカップルなんです。
夜、テレビを観ながらおとうさんはおかあさんの足をマッサージしてあげたり、とにかくちょっとした二人のしぐさが愛と思いやりに溢れてる!

今回、着物を持ってきてくれたリンダ♡
日本Loveなおかあさんのためにとてもきれいに着付けて下さいました。
もう朝から(というよりずっと)テンションあがりっぱなしのおかあさん・・・
e0181286_1633431.jpg

何枚も重ねてきる着物に「オーマイゴッド!まだ着るの〜!」と驚き通し。

おとうさんと記念に♡ リンダ、ありがとう♡
e0181286_16342853.jpg

そして訪れたブライトンで和菓子カフェを営むお友達のところへ♪
イギリスで唯一オーガニックの和菓子が食べれるところです!
ひとつひとつ丁寧に愛情たっぷり作られ、ここではランチも食べれるんですよ。
お寿司からかつカレーまで! 私のおすすめはミックスかつランチ♪ 美味です!
ブライトンあん庵
e0181286_1636560.jpg


そしてお家ではジャパニーズパーティー♪ リンダが腕をふるって拵えた和食がずらりと並び、義両親も大喜び!和食がだ〜い好きなんです。
e0181286_16401772.jpg


そしてリンダのイングリッシュボーイフレンド♡
このブログでもおなじみのロンおじいちゃんのお家へ〜
今年もトマトが大豊作です♪
e0181286_16404493.jpg

畑のお野菜も巨大に育ってま〜す。
e0181286_16423569.jpg


今回は初めて、ロンおじいちゃんに日本のカレーを食べてもらうことにした私たち。
ロンのお豆も入れて、野菜たっぷりなリンダ特性カレーです。
途中からロンが「僕も手伝う!」と言い出し、後ろ姿がまるで夫婦のようなふたり♡うふふ
e0181286_16431178.jpg


今まで他国の料理なんて食べた事のなかったロンが2回もおかわりしちゃうほど、大盛況だったリンダのカレー!
すっかりリンダの虜になってしまった90歳のロンおじいちゃん
e0181286_1645549.jpg


ロンはこの年で一切薬を飲んでいません。。。
秘訣は毎日のトランプリンと笑うこと、そして女性への興味を忘れないこと!だそう。
何もかもジョークにしてしまうユーモアセンスたっぷりなロン。
先日、老人ホームに滞在している友人(94歳)を訪れた際、ちょうどお医者さんが来ていたので血圧を計ってもらったそうな。するとちょっと数値が高かったようで、ドクターに指摘されたロン。
「だって、こんなにまわりにきれいな看護婦さんがいちゃ〜血圧のひとつやふたつ上がるの当たり前さ〜♡もうドキドキしちゃって♡」と亀仙人もびっくりなロンじいちゃん。
それにはドクターも笑うしかなく、ホーム内は笑いの渦だったそうです。
これ!なんですね〜秘訣は♡
だからとっても元気!

そして・・・

深い意味はなく、男女関係なく人が人に恋に落ちるって年齢なんて関係ない!
人が人に魅力を感じる瞬間ですね。

特にイギリスは年をとってからの男女間の関係がとってもフランクで人間らしい。
例えばロンはすでに奥様を随分前に亡くしているけど、昔からの奥様の友人だったオードリーおばあちゃんととっても仲良しで毎日のように会っています。手もつなぐし端から見れば夫婦同然!
でも違うんですね。友達通し、助け合うんです。
それが異性でも年だからこそお互いを思いやり、昔から知っているからこそ寂しい時間を過ごさせないように・・・そんなパートナーがひとりやふたりいるのがイギリスのお年寄りの特徴かもしれません。
そういえば、留学していた先のホストマザーもそんなボーイフレンドがいたっけか。
たしか学校からの情報ではシングルと書いてあったけど、毎晩夕食時に現れるおじさま。
そしてテレビを一緒に見て(手もつなぎながら)、時間になると帰る。
もちろんお互いシングル同士だったみたいですが、一緒に住んだり、再婚するわけではなくあくまでもお友達なんです。
日本語でいう彼氏・彼女とは違うボーイフレンド・ガールフレンド。
面白いですね〜。

そんなロンおじいちゃんのお庭に咲いていたバラ
e0181286_16573193.jpg


さぁ今日も最後までがんばって読んで下さりありがとうございます!
そして約1ヶ月間、楽しくガイドをさせてくれたリンダほんまありがとう!(なぜか関西弁;)
そして途中参加のキャロラインにリンダのお友達ご夫妻。素敵な出会いに感謝です。ありがとうございました。
そしていつもこ〜んな長いブログ記事でも楽しみに読んで下さっている皆さんも、ありがとうございます!

今回の暮らすように旅するイギリス いかがでしたか?

ぜひ皆さんもイギリスでやってみたかったあんなことやこんなこと、必ず実現して下さいね!

人はそれを自分に許可した途端、物事は動き出します。

そう、自分が想像もしなかった形で・・・♡
[PR]
by yukitosun | 2014-11-04 17:10 | 暮らすように旅するイギリス