田舎町のPub B&B

昨年のクリスマスシーズン、ツアーを終えて大切な友人たちに会うため私たちはロンドンから南へブライトンの近くの小さな城下町アランデルへやってきました。

この町は大好きで、いつ来てもノスタルジックな思いに深けさせてくれます。

それはやっぱり城下町ならではの活気なのか、この坂の急な感じが日本の生まれ育った町と似ているからなのか。

アンティークショップにチャリティーショップ、そしてすてきなTea Roomやマーケットもこんな小さな町に楽しみがぎゅっと凝縮されていて、都会が苦手な私にはちょうどいいのです。

さて、この周辺には実は心惹かれるファームステイはなく、今回思い切ってPubに泊まってみました。

Pubは結構当たり外れが多いので、事前の下調べがかなり重要です。
やはり酒場ですから。

リサーチにリサーチを重ねたものの、結局この町に行くと必ず立ち寄るPubにしちゃいました。

朝食やベットリネン、お部屋のインテリアや清潔感、どれをとっても素晴らしかったから♡

ではではお写真です♪

Pub こちらはいつ来てもおしゃれなデコレーション
e0181286_1131077.jpg

クリスマス1色です♡
e0181286_11313592.jpg

Pubには欠かせない暖炉
e0181286_11322938.jpg

そしてお部屋へ
e0181286_11141495.jpg

B&Bに大切なアイテム 椅子がちゃんと窓辺にありますね そして広さもGood♪
e0181286_11145053.jpg

ヴィンテージな黒でんわもすてき♡
e0181286_11161160.jpg

ちょっとしたところにセンスが光ります。そしてお茶やコーヒーもフェアトレード&オーガニックのもの。
e0181286_11184342.jpg

海沿いの町ならではのインテリア
e0181286_11195121.jpg

バスルームを覗いてみましょう!
大きなバスタブがついていました。ちゃんとシャワールームは別にあります。
e0181286_11213985.jpg

シャンプーなどもナチュラルなもの。 うれしいです♡
e0181286_11203437.jpg


さぁチェックインも済ませたので、お食事へ。
PubのB&Bは大抵Pubのお客さんとB&Bのお客さんとの出入口を分けています。
裏口の階段を下りると・・・左には「鍵を忘れずに持ってね」と右に「シーーー!お休みになってるお客さんもいます」こんなサインもイギリスはユーモアで溢れています。
e0181286_11233526.jpg

外もクリスマス♪
e0181286_11341492.jpg

今回は気分を変えて、前から行ってみたかったSeaFoodのレストランにしました。
e0181286_11351078.jpg

こちら、スターターのムール貝。このサイズでスターターです!海が近いのでSea Foodがおいしいです。
e0181286_1136063.jpg

夕食後は夜のウィンドウショッピング♪
e0181286_113756.jpg

今度行ったとき、このブルーのティーケトル買っちゃおうかしら♡まだ夢見ています(笑)
e0181286_1137595.jpg

翌朝、待ちに待った!朝食です♡ 胸キュンな食器たちが迎えてくれました♡
e0181286_1139873.jpg

フルイングリッシュ。お味もGoodでしたぁ♡
e0181286_11402077.jpg

ベーグルにスクランブルエッグ&スモークサーモンもGood♡
e0181286_114159.jpg


Pub B&Bは清潔感の問題や、防音をしっかりしていないと夜遅くまでの酒場のお客さんでうるさいことが多いですが、こちらはすべてクリア!
もちろん、開放感のあるファームステイには負けちゃいますが、ぜひまた泊まってみたいと思いました。

さぁいよいよお友達との再会。しゅっぱ~つ!と思って車に乗ったら、大きな箱が助手席に・・・。
ダーリンからのクリスマスプレゼントでした。いつも影で私の活動を支えてくれています。ありがとう♡
e0181286_11475025.jpg

96歳になるオードリーおばあちゃん。元気でいてくださいました。
認知症も進んできてしまいましたが、覚えていてくれました♡ ありがとう♡
e0181286_11444615.jpg

そして私の親友 ロンおじいちゃんも♡
e0181286_1145467.jpg

いつまでも元気でね♡
[PR]
by yukitosun | 2013-08-01 11:53 | イギリスは田舎が面白い