UK とりっぷ 素敵なFarm Stay Part6

こんばんは~☆
すっかり更新に追いつけず(日本の夏・・・へたばりまくりです;)、久々の更新となります☆^^☆
今日は、今年7月に出会った素敵なFarm Stayをご紹介したいと思いますv

大親友のロンおじいちゃんとの再会を終えて、今度は大好きな町Hay-On-Wyeへ車を走らせます。
Hay-On-Wyeはブックルーリズムで栄えた町というだけあって、町の至る所に本・本・本!! 雨が降ったって、ひょうが降ったって(!)、さすが細かいことは気にしないイギリス人。外に本が出っ放し・・・。最近はそれを問題視する声もあるようですが。。。
町全体が本やアンティークと深い関わりがあって、古いものが大好きな私にとってとても心地がいいのです。
先日、久々に東京大手町に勇気を出して出没してみました。が、目がぐるぐる回ってしまうほど無機質で新しいものに囲まれた都会には居心地の悪さを感じます。この感覚は一体何なのでしょう?!あっでも、久々の友人との再会で、おいしい焼き鳥もたらふく食べ、幸せなひと時を過しましたが☆^^☆
e0181286_23195565.jpg


さてさて、話はそれましたが、そうそう素敵なファームステイ!今回も当たり!でした。いつも、宿泊先を探すとき、私が大切にしていることは、「電話で予約をすること」です。日本から予約するときも、です。
そうすると、オーナーの人柄が声である程度ウェルカムしてくれるのか否かがわかってしまう!いくら素敵なHPをもっていて、写真も魅力的、口コミも抜群でも、自分との相性は話してみないとわかりません。イギリスの多くのB&Bを泊まり歩いて、得た知恵?です。ぜひ、みなさんもご参考まで。英語があまりわからなくても、逆にそれを一生懸命ヘルプしてくれようとしてくれるオーナーさんだったら、実際に泊まるときも必ず色んな面で助けてくれますよ☆

Hay-On-Wyeの町の中心部から少し離れた、ブラックマウンテン(ウェールズには山があった!)のふもとにひっそりと佇む、オーガニックなFarm Houseを見つけました。
ご夫婦とかわいい男の子と女の子のお子さんがいらっしゃる4人家族の農家でした。ここのFarm Houseは今までとはちょっと違う、とてもいい意味で古風(大好きな響き!)でした。
例えば、室内には必ずキャンドルが灯してあったり(最近はこういう農家、とても少なくなりました)、カントリーなアンティーク棚には歴史を感じさせる食器がずらりと並べてあったり、お花がちゃんと生けてあったり・・・。
e0181286_23125668.jpg

e0181286_23132071.jpg

一歩入ると、空気がシンっとしていて、クリーンなエネルギーとパワーを感じる不思議な宿でした。
今晩のお部屋はこんな感じ♪ ここで使われているベットリネン・バスローブ・タオルなどはすべてオーガニックコットンかバンブー素材のもの。カタログから買う事も出来ちゃいます。
e0181286_231634100.jpg

ずっと入っていたくなるバスルーム♪ 旅の疲れを癒すアロマオイルやエッセンシャルオイルもありました。
e0181286_2318268.jpg

農家は動物さんたちでにぎやかですv
e0181286_23205910.jpg

さて、朝食も期待大!どんなイングリッシュブレックファーストがでてくるのでしょう?!
[PR]
by yukitosun | 2012-09-15 23:25 | イギリスは田舎が面白い